デバイス構成を使用すると、プロファイルにセグメントを割り当て、プロファイルに関連付けるインターフェイスを構成できます。

セグメント対応のプロファイルの場合、ユーザー インターフェイスには次の 2 つのセクションがあります。

構成のタイプ 説明
セグメント対応の構成 [デバイス (Device)] タブ画面の [セグメントの構成 (Configure Segments)] 領域。ドロップダウン メニューからセグメントを選択し、セグメントを選択すると、そのセグメントの構成が [セグメントの構成 (Configure Segments)] 領域に表示されます。
一般的な構成 [デバイス (Device)] タブ画面の下部。VLAN 構成、デバイス設定、Wi-Fi、およびマルチソース QoS など、複数のセグメントに適用される機能と構成。

デバイスの構成では、次の手順を実行できます。

セグメント対応の構成

  • 認証設定 (Authentication Settings)
  • DNS 設定 (DNS Settings)
  • NetFlow 設定 (Netflow Settings)
  • Syslog 設定 (Syslog Settings)
  • クラウド VPN
  • OSPF エリア (OSPF Areas)
  • BGP 設定 (BGP Settings)
  • マルチキャスト設定 (Multicast Settings)
  • クラウド セキュリティ サービス (Cloud Security Service)

一般的な構成:

  • VLAN
  • デバイス設定
  • Wi-Fi 無線設定 (Wi-Fi Radio Settings)
  • マルチソース QoS (Multi-Source QoS)
  • SNMP 設定 (SNMP Settings)
  • NTP サーバ (NTP Servers)
  • 可視性モード (Visibility Mode)