Azure で Virtual Hub を作成する方法について説明します。

Azure で Virtual Hub を作成するには、次の手順を実行します。

前提条件

  • Azure サブスクリプションがあることを確認します。そうでない場合は、無料アカウントを作成します。
  • Azure リソースを追加するためのリソース グループが作成されていることを確認します。

手順

  1. Microsoft Azure アカウントにログインします。
    [Microsoft Azure] ホーム画面が表示されます。
  2. [すべてのリソース (All resources)] に移動し、使用可能なリソースのリストから、作成した Virtual WAN を選択します。
  3. [Virtual WAN アーキテクチャ (Virtual WAN architecture)] 領域で、[ハブ (Hubs)] をクリックします。
  4. [+新規ハブ (+New Hub)] をクリックします。
    [Virtual Hub の作成 (Create virtual hub)] 画面が表示されます。
  5. [基本 (Basics)] タブで、Virtual Hub の次の詳細を入力します。
    1. [リージョン (Region)] ドロップダウン メニューから、Virtual Hub が配置されている場所を選択します。
    2. [名前 (Name)] テキスト ボックスに、ハブの一意の名前を入力します。
    3. [ハブのプライベート アドレス空間 (Hub private address space)] テキスト ボックスに、ハブのアドレス範囲を Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 表記で入力します。
  6. [次へ:サイト間 > (Next: Site to site >)] をクリックし、[はい (Yes)] を選択して、VPN サイトに接続する前にサイト間(VPN ゲートウェイ)を有効にします。
    注: NVS 自動化を機能させるには VPN ゲートウェイが必要です。そうでないと、VPN 接続を作成できません。
    1. [ゲートウェイのスケール ユニット (Gateway scale units)] ドロップダウン メニューから、スケーリング値を選択します。
  7. [レビュー + 作成 (Review+create)] をクリックします。

結果

Virtual Hub が作成され、Azure ポータル ダッシュボードに表示されます。

次のタスク