このセクションでは、インターネット プロファイルを使用して Edge を作成する方法について説明します。

インターネット プロファイルを使用して Edge を作成するには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN Orchestrator の左側にあるナビゲーション パネルから [構成 (Configure)] -> [Edge (Edges)] をクリックします。
  2. [Edge (Edges)] ページで、右上にある [新規 Edge (New Edge)] ボタンをクリックします。

    quickstart-new-edge-from-edge

  3. [新規 Edge のプロビジョニング (Provision New Edge)] ダイアログ ボックスで、Edge の名前を指定し、Edge モデル番号を選択して、[クイック スタート インターネット プロファイル (Quick Start Internet Profile)] を選択し、名前とメール アドレスをそれぞれ [連絡先名 (Contact Name)][連絡先の E メール (Contact Email)] に入力します。

    quickstart-saas-edge-provision

    新しく作成された Edge の説明が表示されます。 

    quickstart-saas-edge-overview

ネットワーク、ネットワーク サービス、およびプロファイルに提供される「特別な設定は不要な」構成に加えて、Edge に提供されるデフォルトの構成によって、新しく作成された Edge 構成が完成します。これで、Edge デバイスをアクティベーションし、構成を Edge デバイスに適用できるようになりました。Edge のアクティベーションは、3 つのワークフローで同じです。次に、Edge アクティベーションの構成に記載されている手順を実行します。

PKI が有効になっている場合は、3 つの証明書オプション([証明書が必要 (Certificate Required)][証明書がオプション (Certificate Optional)]、または [証明書が無効 (Certificate Disabled)])から選択できます。PKI が有効になっていて、証明書を [証明書が必要 (Certificate Required)] に設定した場合は、Edge をプロビジョニング中であり、事前共有キーは使用できません。

quickstart-guide-provision-new-edge

新しく作成された Edge が表示されます。

quickstart-guide-edge-overview-pki-certificate-required