[SD-WAN Edgesの構成] 画面には、エンタープライズ ネットワーク内にプロビジョニングされたすべての Edge が一覧表示されます。また、画面の右上隅にある [新規 Edge (New Edge)] ボタンをクリックして、新しい Edge をプロビジョニングすることもできます。ここで Edge を選択し、[アクション (Actions)] ドロップダウン メニューを使用して、ローカル認証情報の変更、Edge の削除、プロファイルの割り当て、オペレータ プロファイルの割り当て、事前通知の有効化などのさまざまなアクションを実行することもできます。

この画面に表示される各フィールドおよびボタンの詳細については、以降の「エンタープライズ Edge の画面項目の識別表」を参照してください。

provision-edge-vc-edges

注: カスタマ サポート権限を持つユーザー ID を使用してログインしている場合は、 SD-WAN Orchestrator オブジェクトのみを表示できます。新しいオブジェクトを作成したり、既存のオブジェクトを構成/更新したりすることはできません。

エンタープライズ Edge の画面項目の識別表

ほとんどの列ヘッダーには並べ替え機能があり、列内の項目をアルファベット順、数値順、またはタイプ別に表示することができます(この機能は、[デバイス (Device)]、[ビジネス ポリシー (Biz Policy)]、[ファイアウォール (Firewall)]、[アラート (Alerts)]、[オペレータ アラート (Operator Alerts)] の各列にはありません)。一覧を並べ替えるには、この機能がある列ヘッダーをクリックします。

オプション 説明
[Edge]

Edge の名前が表示されます。[Edge] 列ヘッダーをクリックして、Edge の一覧をアルファベット順に並べ替えます。Edge 名はリンクでもあり、リンクをクリックすると [[Edge の概要 (Edge Overview)] タブ] 画面が開きます。Edge の名前の横にあるチェックボックスをオンにして、Edge を選択します。

[証明書 (Certificates)] Edge の現在の証明書と期限切れの証明書が表示されます。証明書の数の横にある [表示 (View)] リンクをクリックすると、詳細を確認できます。
[プロファイル (Profile)] Edge に割り当てられているプロファイルが一覧表示されます。プロファイル名はリンクでもあり、リンクをクリックすると [[プロファイルの概要 (Profile Overview)] 画面] タブ画面が開きます。注:プッシュ アクティベーションによって Edge ステージング プロファイルが表示される場合、そのプロファイルは新しく割り当てられた Edge で使用されますが、本番プロファイルで構成されたものではありません。エンタープライズ管理者は、プロファイルをそれらの Edge に手動で割り当てる必要があります。プロファイルを Edge に手動で割り当てる方法については、「プロファイルの割り当て(プロファイルの変更)」というタイトルのセクションを参照してください。
[オペレータ プロファイル (Operator Profile)]

この列はオペレータに対してのみ表示されます。オペレータ プロファイルは、ユーザーがオペレータによって作成された瞬間にそのユーザーに割り当てられるテンプレートです。これには、ソフトウェア イメージ、アプリケーション マップ、ゲートウェイの選択、および Edge の管理設定が含まれます。オペレータ レベルの管理者は、特定の Edge のオペレータ プロファイルを変更することができます。エンタープライズ管理者は読み取り専用アクセス権を持ちます。オペレータ プロファイル名はリンクでもあり、リンクをクリックすると [オペレータ プロファイル (Operator Profiles)] 画面が開きます。

[HA] [HA] チェックボックスをオンにすると、アクティブ/スタンバイ HA オプションが有効になります。
[デバイス (Device)] Edge 固有の設定が構成されている場合は青色の blue-device-icon アイコンが表示されます。灰色の gray-device-icon アイコンは、すべての設定(ある場合)がプロファイルから継承されていることを示します。[デバイス (Device)] 設定画面に移動するには、[デバイス (Device)] 列のアイコンをクリックしてから、[デバイス (Device)] タブをクリックします。
[ビジネス ポリシー (Biz Policy)] ビジネス ポリシー ルールが構成されている場合は青色の blue-biz-policy-icon アイコンが表示されます。灰色の gray-device-icon アイコンは、すべてのルール(ある場合)がプロファイルから継承されていることを示します。[ビジネス ポリシー (Biz Policy)] 画面に移動するには、[ビジネス ポリシー (Biz Policy)] 列のアイコンをクリックしてから、[ビジネス ポリシー (Biz Policy)] タブをクリックします。
[ファイアウォール (Firewall)]

ファイアウォール ルールが構成されている場合は青色の blue-firewall-icon アイコンが表示されます。灰色の gray-firewall-icon アイコンは、すべてのルール(ある場合)がプロファイルから継承されていることを示します。

ファイアウォールが無効になっている場合は、赤色の斜線付きのアイコン disable-firewall-icon が表示されます。ファイアウォールが無効になっている場合、Edge のプロファイル構成で無効になっていることを示します。ファイアウォールを有効にするには、プロファイル構成([構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] > [ファイアウォール (Firewall)] タブ)に移動します。

[ファイアウォール (Firewall)] 画面に移動するには、[ファイアウォール (Firewall)] 列のアイコンをクリックしてから、[ファイアウォール (Firewall)] タブをクリックします。

[アラート (Alerts)] Edge のユーザー アラートが有効になっている場合は、この列で [アラート (Alerts)] チェックボックスがオンになります。[Edge] 列で Edge の名前をクリックして[Edge の概要 (Edge Overview)] タブを開き、ユーザー アラートを有効または無効にします。
[オペレータ アラート (Operator Alerts)] Edge でオペレータ アラートが有効になっている場合は、この列で [オペレータ アラート (Operator Alerts)] チェックボックスがオンになります。[Edge] 列で Edge の名前をクリックして[Edge の概要 (Edge Overview)] タブを開き、オペレータ アラートを有効または無効にします。
[ソフトウェア バージョン (Software Version)] この列には Edge のソフトウェア バージョンが表示されます。
[工場出荷時のソフトウェア バージョン (Factory Software Version)] Edge は、工場からの出荷時にはデフォルトのソフトウェア バージョンで出荷されます。
[ビルド番号 (Build Number)] アクティベーションされた Edge のビルド番号が表示されます。
[モデル (Model)] Edge のモデル タイプが表示されます。
[シリアル番号 (Serial Number)] Edge のシリアル番号が表示されます。Edge へのシリアル番号の割り当ては任意です。シリアル番号が Edge に割り当てられていない場合、このフィールドは空白になります。
[作成日時 (Created)] Edge がプロビジョニングされた日時が表示されます。
[アクティベーション済み (Activated)] Edge がアクティベーションされた日時が表示されます。
[前回の接続 (Last Contact)] Edge が前回 SD-WAN Orchestrator と通信した日時。
[列 (Cols)] [列 (Cols)] ボタンをクリックすると、エンタープライズ Edge の一覧に表示するオプションを選択することができます(上記の図を参照)。
[表示のリセット (Reset View)] エンタープライズ Edge の一覧をデフォルトの表示にリセットします(その場合、フィルタが削除され、[列 (Cols)] ボタンのドロップダウン メニューで選択したすべてのオプションがデフォルト表示にリセットされます)。
[更新 (Refresh)] サーバからの最新データを使用してエンタープライズ Edge の一覧を更新します。
[CSV] エンタープライズ Edge の一覧に表示されている内容をエクスポートするには、[CSV] ボタンをクリックします。
[選択済み (Selected)] [Edge] 列で選択されている Edge の数を示します。[選択済み (Selected)] ボタンをクリックして、[Edge] 列に表示されているすべての Edge を選択または選択解除することができます。
[アクション (Actions)]

選択した Edge で実行できる以下のアクションが一覧表示されます。

  • [新規 Edge (New Edge)]
  • [ローカルの認証情報 (Local Credentials)]
  • [Edge の削除 (Delete Edge)]
  • [プロファイルの割り当て (Assign Profile)]
  • [オペレータ プロファイルの割り当て (Assign Operator Profile)]
  • [事前通知の更新 (Update Pre-notifications)]
  • [Edge ライセンス (Edge Licensing)]
  • [ユーザー アラートの更新 (Update Customer Alerts)]
  • [ゲートウェイの再調整 (Rebalance Gateways)]
注: オペレータ プロファイルの割り当てとゲートウェイの再調整は、オペレータ レベル限定の機能です。

詳細については、新しい Edge のプロビジョニングを参照してください。

[新規 Edge (New Edge)] 新しい Edge をプロビジョニングするための [新規 Edge のプロビジョニング (Provision New Edge)] ダイアログが開きます。

詳細については、新しい Edge のプロビジョニングを参照してください。

[ヘルプ (Help)] この機能のオンライン ヘルプにアクセスするには、[質問マーク] アイコンをクリックします。