ここでは、Virtual Edge を VMware ESXi にインストールする方法について説明します。

SR-IOV モードを使用する場合は、VMware で SR-IOV を有効にしてください。手順については、VMware 上での SR-IOV の有効化を参照してください。

Virtual Edge を VMware ESXi にインストールするには、次の手順を実行します。

  1. vSphere Client を使用して OVF テンプレートをデプロイしてから、VCE OVA ファイルを選択します。

    vco-virtual-edge-deploy-ovf-template

  2. URL またはローカル ファイルから OVF テンプレートを選択します。

    vco-virtual-edge-1-select-template

  3. 仮想マシンの名前と場所を選択します。
  4. リソースを選択します。
  5. テンプレートの詳細を確認します。

    vco-virtual-edge-4-review-details

  6. デプロイ テンプレートのファイルを保存するストレージの場所を選択します。

    vco-virtual-edge-5-select-storage

  7. 各インターフェイスのネットワークを構成します。
    注: cloud-init ファイルを使用して ESXi に Virtual Edge をプロビジョニングする場合は、この手順をスキップしてください。

    vco-virtual-edge-6-select-networks

  8. デプロイ プロパティを指定して、テンプレートをカスタマイズします。以下の画像で強調表示されている部分を参照してください。
    1.  SD-WAN Orchestrator のユーザー インターフェイスから URL/IP アドレスを取得します。このアドレスは以降の手順 c で必要になります。
    2. エンタープライズの新しい Virtual Edge を作成します。Edge が作成されたら、アクティベーション キーをコピーします。アクティベーション キーは以降の手順 c で必要になります。

      vco-virtual-edge-vco-screen

    3. 以下の図に示す [テンプレートのカスタマイズ (Customize template)] ページで、上記の手順 b で取得したアクティベーション コードと、上記の手順 a で取得した SD-WAN Orchestrator の URL/IP アドレスを該当のフィールドに入力します。
      vco-virtual-edge-7-customize-template


  9. 構成データを確認します。

    vco-virtual-edge-8-ready-to-complete

  10. Virtual Edge の電源をオンにします。

    vco-virtual-edge-power-on

Edge の電源がオンになると、SD-WAN Orchestrator との接続が確立されます。