Non-VMware SD-WAN Site のプロビジョニングが正常に完了した後は、Azure ハブまたはスタティック ルートのエンドポイント IP アドレスに変更が加えられた場合は必ず Azure Virtual Hub と NVS 構成を再同期させる必要があります。[非 VeloCloud サイト (Non-VeloCloud Sites)] 領域の [構成の再同期 (Resync configuration)] ボタンをクリックすると、VPN 構成情報が自動的に Azure ポータルから取得され、SD-WAN Orchestrator のローカル構成が更新されます。