このセクションでは、可視性モードを構成する方法について説明します。

可視性モードについて

MAC アドレスによる追跡(グローバルで一意な識別子を指定する)は理想的な方法ですが、クライアントと Edge 間に L3 スイッチがある場合、デバイスの MAC アドレスではなくスイッチの MAC アドレスが Edge に認識されるので、可視性に欠けます。そのため、2 つの追跡モード(MAC アドレスと現在の IP アドレス)があります。MAC アドレスによる追跡ができない場合は、代わりに IP アドレスが使用されます。

configure-profile-device-visbility-mode

可視性モードの選択

[可視性モード (Visibility Mode)] を選択するには、 [構成 (Configure)] > [プロファイル (Profile)] > [デバイス (Devices)] タブに移動します。次のいずれかを選択します。
  • [MAC アドレスによる可視性 (Visibility by MAC address)]
  • [IP アドレスによる可視性 (Visibility by IP address)]

可視性モードの使用に関する考慮事項

可視性モードを選択するときは、次の点に注意してください。

  • [MAC アドレスによる可視性 (Visibility by MAC address)] を選択する場合:
    • クライアントは L2 スイッチの背後にある
    • クライアントの MAC アドレス、IP アドレス、およびホスト名(該当する場合)が表示される
    • 統計情報は MAC アドレスに基づいて収集される
  • [IP アドレスによる可視性 (Visibility by IP address)] を選択する場合:
    • クライアントは L3 スイッチの背後にある
    • スイッチの MAC アドレス、クライアントの IP アドレスとホスト名(該当する場合)が表示される
    • 統計情報は IP アドレスに基づいて収集される