Edge レベルで、新しい VLAN を追加したり、関連付けられているプロファイルから継承された既存の VLAN 設定を更新したりできます。Edge レベルで新しい VLAN を構成する際に、SD-WAN Orchestrator では、固定 IP アドレス、LAN インターフェイス、Wi-Fi インターフェイスのサービス セット識別子 (SSID) など、追加の Edge 固有の VLAN 設定を構成できます。

Edge レベルで VLAN 設定を構成するには、次の手順を実行します。
  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動します。[SD-WAN Edges] ページが表示されます。
  2. VLAN を構成する Edge を選択し、[デバイス (Device)] 列の下にあるアイコンをクリックします。選択したプロファイルの [デバイス設定 (Device Settings)] ページが表示されます。
  3. 新しい VLAN を追加するには、[VLAN の構成 (Configure VLAN)] 領域に移動して、[VLAN の追加 (Add VLAN)] をクリックします。
    configure-edge-vlan-settings
  4. [VLAN] ダイアログ ボックスで、次の詳細を構成します。
    1. [セグメント (Segment)] ドロップダウン メニューから、VLAN を構成するプロファイル セグメントを選択します。
    2. [VLAN 名 (VLAN Name)] テキスト ボックスに、VLAN の一意の名前を入力します。
    3. [VLAN ID] テキスト ボックスに、VLAN の一意の識別子を入力します。
    4. LAN IP アドレスの使用を可能にする [重複するサブネットの割り当て (Assign Overlapping Subnets)] フィールドは、この Edge の割り当てられたプロファイルから管理されます。[重複するサブネットの割り当て (Assign Overlapping Subnets)] チェックボックスをオンにすると、[Edge の LAN IP アドレス (Edge LAN IP Address)][CIDR プリフィックス (Cidr Prefix)]、および [DHCP] の値が、関連付けられたプロファイルから継承され、読み取り専用になります。[ネットワーク (Network)] アドレスは、サブネット マスクと CIDR 値に基づいて自動的に設定されます。
    5. [アドバタイズ (Advertise)] チェックボックスを選択して、ネットワーク内の他のブランチに VLAN をアドバタイズします。
    6. [ICMP エコー応答 (ICMP Echo Response)] チェックボックスを選択して、VLAN が ICMP のエコー メッセージに応答できるようにします。
    7. [VNF 挿入 (VNF Insertion)] チェックボックスを選択して、Edge 仮想ネットワーク機能 (VNF) の挿入を有効にします。
      注: VNF 挿入では、選択したセグメントにサービス VLAN がある必要があります。VNF の詳細については、 VNF インスタンスの構成を参照してください。
    8. [固定 IP アドレス (Fixed IPs)] フィールドに 、VLAN の特定の MAC アドレスに関連付けられた固定 IP アドレスを入力します。
    9. VLAN の LAN インターフェイスと Wi-Fi SSID を構成します。
    10. 選択したセグメントに対してマルチキャスト機能が有効になっている場合は、[IGMP] および [PIM] チェックボックスをオンにして、[マルチキャスト (Multicast)] 設定を構成できます。
    11. [DHCP] 領域で、DHCP タイプとして次のいずれかを選択します。
      • [有効 (Enabled)]:DHCP サーバとしての Edge で DHCP を有効にします。このオプションを選択する場合、次の詳細を指定する必要があります。
        • [DHCP 開始 (DHCP Start)]:DHCP 開始 IP アドレスとして、サブネット内の使用可能な有効な IP アドレスを入力します。
        • [アドレスの数 (Num Addresses)]:DHCP サーバのサブネットで使用可能な IP アドレスの数を入力します。
        • [リース時間 (Lease Time)]:ドロップダウン メニューから、DHCP サーバによって動的に割り当てられた IP アドレスを VLAN が使用できる期間を選択します。
        また、事前定義されたオプションを指定したり、カスタム オプションを追加したりする場合に、1 つ以上の DHCP オプションを追加できます。
      • [リレー (Relay)]:リモートの場所にインストールされた DHCP リレー エージェントを使用して DHCP を有効にします。このオプションを選択した場合、1 つ以上のリレー エージェントの IP アドレスを指定できます。
      • [無効 (Disabled)]:DHCP を無効にします。
    12. 選択したセグメントで OSPF 機能が有効になっている場合は [OSPF] 設定を構成します。
    13. [VLAN の追加 (Add VLAN)] をクリックします。
  5. プロファイルから継承された VLAN 設定を更新するには、[アクション (Actions)] 列の下で、VLAN に対応する [編集 (Edit)] リンクをクリックします。[VLAN] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. [Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをクリックして、プロファイルから継承された VLAN 設定をオーバーライドします。
    注: プロファイルの VLAN 名と ID をオーバーライドすることはできません。

プロファイル レベルで VLAN を構成する方法については、プロファイルの VLAN の構成を参照してください。