VMware SD-WAN Virtual Edge の展開については、特別な考慮事項があります。

  • SD-WAN Edge は、遅延の影響を受けやすいアプリケーションです。遅延の影響を受けやすいアプリケーションとして仮想マシンを調整するには、VMware のドキュメントを参照してください。
  • 最適なパフォーマンスを実現するため、次のようにします。
    • CPU スケジューリング アフィニティで SD-WAN Edge に専用の CPU コアを設定し、ハイパーバイザーで Intel Virtualization Technology (Intel VT) をオンにします。
    • VMware および KVM で SR-IOV を有効にします。手順については、以下を参照してください。
  • SD-WAN Edge の SSH コンソールのデフォルトのユーザー名は root です。