SNMP はネットワークの監視において一般的に使用されるプロトコルであり、MIB はエンティティを管理するために SNMP に関連付けられたデータベースです。SNMP を有効にするには、次の手順の説明に従って、目的の SNMP バージョンを選択します。Edge レベルで、[Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにして、[プロファイル (Profile)] で指定されている SNMP 設定をオーバーライドすることができます。

[開始する前に]
  • SD-WAN Edge MIB をダウンロードするには、[リモート診断 (Remote Diagnostic)] 画面([テストとトラブルシューティング (Test & Troubleshooting)] > [リモート診断 (Remote Diagnostics)])に移動して、SD-WAN Edge の MIB を実行します。結果をローカル マシンにコピーして貼り付けます。
  • SNMPv2-SMI、SNMPv2-CONF、SNMPv2-TC、INET-ADDRESS-MIB、IF-MIB、UUID-TC-MIB、および VELOCLOUD-MIB を含む、VELOCLOUD-EDGE-MIB に必要なすべての MIB をクライアント ホスト上にインストールします。前述の MIB は、VELOCLOUD-MIB を除いてすべてオンラインで入手できます。VELOCLOUD-MIB の場合は、VeloCloud の Web サイトを確認してください。

[このタスクについて]:Edge レベルで、[Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにして、[プロファイル (Profile)] で指定されている SNMP 設定をオーバーライドすることができます。Edge のオーバーライド オプションにより、表示される設定に対する Edge 固有の編集が可能になり、このモジュールの構成プロファイルからの自動更新は中止されます。一貫性と更新の容易さを維持するために、Edge 例外レベルではなくプロファイルで構成を設定することをお勧めします。

[サポートされる MIB]
  • SNMP MIB-2 システム
  • SNMP MIB-2 インターフェイス
  • VELOCLOUD-EDGE-MIB
  • RFC 1514 からの HOST-RESOURCES-MIB
[Edge レベルで SNMP 設定を構成する手順]
  1. SD-WAN Orchestrator のリモート診断画面で、VELOCLOUD-EDGE-MIB を取得します。
  2. VELOCLOUD-EDGE-MIB で必要なすべての MIB をインストールします。
  3. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動します。

    [VeloCloud Edge (VeloCloud Edges)] 画面が表示されます。

  4. SNMP 設定を構成する Edge を選択し、[デバイス (Device)] 列の下にある [デバイス (Device)] アイコンをクリックします。

    選択した Edge の [構成 Edge (Configuration Edges)] 画面が表示されます。

  5. [SNMP 設定 (SNMP Settings)] 領域まで下にスクロールし、[Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにします。v2c または v3 の 2 つのバージョンを選択できます。

  6. SNMP v2c 構成の場合は、次の手順を実行します。
    1. [v2c] チェックボックスをオンにします。
    2. [ポート (Port)] テキスト ボックスにポートを入力します。デフォルト設定は 161 です。
    3. [コミュニティ (Community)] テキスト ボックスに、SNMP エージェントへのアクセスを許可する「パスワード」として機能する単語または一連の数字を入力します。
    4. 許可された IP アドレスの場合:
      • [任意 (Any)] チェックボックスをオンにして、すべての IP アドレスが SNMP エージェントにアクセスできるようにします。
      • SNMP エージェントへのアクセスを制限するには、[任意 (Any)] チェックボックスをオフにして、SNMP エージェントへのアクセスが許可される IP アドレスを入力します。

      configure-profile-snmp-settings-v2c

  7. 追加のセキュリティ サポートを提供する SNMP v3 構成の場合は、次の手順を実行します。
    1. [ポート (Port)] テキスト ボックスにポートを入力します。デフォルト設定は 161 です。
    2. ユーザー名とパスワードを適切なテキスト ボックスに入力します。
    3. パケット転送を暗号化する場合は、[プライバシー (Privacy)] チェックボックスをオンにします。
    4. [プライバシー (Privacy)] チェックボックスをオンにしている場合は、[アルゴリズム (Algorithm)] ドロップダウン メニューから「DES」または「AES」を選択します。

    configure-profile-snmp-settings-v3

  8. ファイアウォール設定を構成します。SNMP 設定を構成したら、ファイアウォール設定([構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] > [ファイアウォール (Firewall)])に移動して、SNMP 設定を有効にするファイアウォール設定を構成します。
注: DPDK が有効なインターフェイスでは、SNMP インターフェイスの監視はサポートされていません。