このセクションでは、Edge クラスタリングのトラブルシューティングに関する機能強化について説明します。

概要

Edge クラスタリングには、クラスタ内の VMware SD-WAN スポーク Edge を再調整するためのトラブルシューティング機能が含まれています。スポークの再調整は、クラスタ内の任意のハブで実行できます。スポークを再調整するには、次の 2 つの方法があります。

  • クラスタ内のすべてのハブで、スポークを均等に再調整します。
  • 1 つのハブを除いて、クラスタ内の残りのハブでスポークを再調整します。

VMware SD-WAN Orchestrator によるハブでのスポークの再調整

管理者は、SD-WAN Orchestrator の [リモート診断 (Remote Diagnostics)] を使用して、クラスタ内でスポークを再調整することができます。VMware SD-WAN Edge がクラスタにハブとして展開されている場合は、新しいリモート診断オプションが [ハブ クラスタの再調整 (Rebalance Hub Cluster)] という名前で表示され、次の 2 つの項目が提示されます。

ハブ クラスタ内でスポークを再配分する (Redistribute Spokes in Hub Cluster)

  • このオプションを選択すると、クラスタ内のすべてのハブ Edge 間で、スポーク Edge が均等に再配分されます。

このハブを除いてスポークを再配分する (Redistribute Spokes excluding this Hub)

  • このオプションを選択すると、ユーザーがスポークの再配分ユーティリティを実行しているハブ Edge を除いて、クラスタ内のハブでスポークが均等に再配分されます。
  • このオプションは、トラブルシューティングまたはメンテナンスに使用して、このハブ Edge からすべてのスポークを削除することができます。

ハブの [リモート診断 (Remote Diagnostics)] セクションは、次の図のように表示されます。

注: スポークを再調整する場合、スポークがクラスタ内の別のハブに移動されるときにトラフィックが短時間だけ中断されます。そのため、このトラブルシューティング メカニズムは、メンテナンス時間帯に使用することを強くお勧めします。