VMware vSphere は、仮想マシン リソースをデプロイおよび管理するための機能を提供します。このセクションでは、VMware vSphere Client を使用して SD-WAN Orchestrator を実行する方法について説明します。

OVA テンプレートのデプロイ

注: この手順では、VMware vSphere を熟知していることを前提としており、特定のバージョンの VMware vSphere を参照とするようには記述されていません。
  1. vSphere Client にログインします。
  2. [ファイル (File)] > [OVF テンプレートのデプロイ (Deploy OVF Template)] を選択します。
  3. デプロイ固有の情報を提示してプロンプトに応答します。
    フィールド 説明
    送信元 (Source) URL を入力するか、OVA パッケージの場所に移動します。
    OVF テンプレートの詳細 (OVF template details) このインストールに対する正しい OVA テンプレートを指していることを確認します。
    名前と場所 (Name and location) 仮想マシンの名前。
    ストレージ (Storage) 仮想マシンのファイルを格納する場所を選択します。
    プロビジョニング (Provisioning) プロビジョニングのタイプを選択します。データベースやバイナリのログ ボリュームには、「シン」を使用することをお勧めします。
    ネットワーク マッピング (Network mapping) 各仮想マシンが使用するネットワークを選択します。
    重要: [デプロイ後にパワーオン (Power On After Deployment)] のチェックを外します。 これを選択すると仮想マシンが起動します。仮想マシンは、後で cloud-init ISO が接続された後に起動する必要があります。
  4. [完了 (Finish)] をクリックします。
    注: ネットワーク速度に応じて、このデプロイに数分以上かかる可能性があります。

ISO イメージを CD/DVD として仮想マシンに接続

  1. 新しく追加された SD-WAN Orchestrator 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集 (Edit Settings)] を選択します。
  2. [仮想マシンのプロパティ (Virtual Machine Properties)] 画面で、[CD/DVD ドライブ (CD/DVD Drive)] を選択します。
  3. [ISO イメージを使用する (Use an ISO image)] オプションを選択します。
  4. 先ほど作成した ISO イメージ(vco01-cidata.iso という名前)を参照して検索し、そのイメージを選択します。ISO は、アップロードしたデータストア内の、ユーザーが作成したフォルダにあります。
  5. [パワーオン時に接続 (Connect on Power On)] を選択します。
  6. [OK] をクリックして、[プロパティ (Properties)] 画面を終了します。

SD-WAN Orchestrator 仮想マシンの実行

SD-WAN Orchestrator 仮想マシンを起動するには、次の手順を実行します。

  1. クリックして強調表示し、[パワーオン (Power On)] ボタンを選択します。
  2. [コンソール (Console)] タブを選択して、仮想マシンが起動することを確認します。
    注: ここに記載された説明どおりに SD-WAN Orchestrator を構成した場合は、ユーザー名 vcadmin と、cloud-init ISO を作成したときに定義したパスワードで仮想マシンにログインすることができます。