2 番目の SD-WAN Orchestrator をアクティブ Orchestrator として構成するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション パネルから [複製 (Replication)] をクリックします。[Orchestrator の複製 (Orchestrator Replication)] 画面が表示されます。
  2. [アクティブな複製ロール (Active Replication Role)] を選択します。
  3. [スタンバイ Orchestrator のアドレス (Standby Orchestrator Address)][スタンバイ Orchestrator の UUID (Standby Orchestrator Uuid)] を入力します。Orchestrator のアドレスと UUID が [スタンバイ Orchestrator (Standby Orchestrator)] 画面に表示されます。disaster-recovery-active-replication-role-screen
  4. 複製に使用する Orchestrator スーパー ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    注: このスーパー ユーザーは、両方のシステムにすでに存在している必要があります。
  5. [アクティブにする (Make Active)] ボタンをクリックします。

    [アクティブ Orchestrator (Active Orchestrator)] 画面に、現在の状態のステータスが表示されます。

    disaster-recovery-active-orchestrator-being-configured

    構成が完了すると、両方の Orchestrator(スタンバイおよびアクティブ)が同期されます。

同期中のスタンバイ Orchestrator

disaster-recovery-standby-in-sync

[履歴の切り替え (toggle history)] リンクをクリックすると、各状態のステータスが表示されます。

disaster-recovery-standby-orchestrator-toggle-history

同期中のアクティブ Orchestrator

disaster-recovery-standby-in-sync-active