ユーザーを作成した後、ユーザーがアクセスできるオプションと設定を構成します。パートナー スーパー ユーザーは、ユーザーまたはエンタープライズが変更できる設定を選択できます。

新しいユーザーを作成すると、[ユーザー構成 (Customer Configuration)] ページにリダイレクトされ、ユーザーの設定を構成できます。

パートナー ポータルの [ユーザーの管理 (Manage Customers)] ページから構成ページに移動することもできます。ユーザーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、ユーザーへのリンクをクリックします。

ユーザーまたはエンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [ユーザー (Customer)] をクリックし、次の設定を構成することができます。

[ユーザーの機能 (Customer Capabilities)]

機能を有効または無効にできるのは、オペレータのみです。次の機能のステータスを表示できます。機能を有効または無効にする場合は、オペレータに連絡してください。

  • エンタープライズ認証の有効化 (Enable Enterprise Auth)
  • Orchestrator のファイアウォール ログ作成の有効化 (Enable Firewall logging to Orchestrator)
  • レガシー ネットワークの有効化 (Enable Legacy Networks)
  • プレミアム サービスの有効化 (Enable Premium Service)
  • セグメントの有効化 (Enable Segmentation)
  • ステートフル ファイアウォールの有効化 (Enable Stateful Firewall)
  • CoS マッピング (CoS Mapping)
  • サービス レートの制限 (Service Rate Limiting)

[最大セグメント (Maximum Segments)]

オペレータによって設定されたセグメントの最大数が表示されます。

[OFC のコスト計算 (OFC Cost Calculation)]

オペレータによって [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] が有効にされているかどうかが表示されます。デフォルトでは、Edge とゲートウェイから学習されたルートを受信することで、Orchestrator はルートのコストを計算します。オペレータは、コスト計算を Edge とゲートウェイに分散することを選択できます。これにより、リソースの使用量と Orchestrator の負荷が軽減されます。

[Edge NFV]

ユーザーがサードパーティ製の仮想ネットワーク機能 (VNF) をサービスの準備ができた Edge プラットフォームにデプロイすることを許可されているかどうかが表示されます。

[ソフトウェア イメージ (Software Image)]

選択したユーザーに関連付けられている現在のソフトウェア イメージが表示されます。必要に応じて、使用可能なリストから別のソフトウェア イメージを選択できます。

[ゲートウェイ プール (Gateway Pool)]

選択したユーザーに関連付けられている現在のゲートウェイ プールが表示されます。必要に応じて、使用可能なリストから別のゲートウェイ プールを選択できます。

ゲートウェイ プールで使用可能なゲートウェイがパートナー ゲートウェイ ロールを使用して割り当てられている場合は、ゲートウェイをパートナーにハンドオフすることができます。[パートナー ハンドオフの有効化 (Enable Partner Handoff)] を選択して、セグメントとゲートウェイのハンドオフ オプションを設定します。詳細については、パートナー ハンドオフの構成を参照してください。

構成に変更を加えた後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。