このセクションでは、インストール後の手順およびインストールの検証手順について説明します。

インストール時に特に問題が発生していなければ、仮想マシンにログインできるようになります。

  1. その場合、次のようなログイン プロンプトがコンソールに表示されます。cloud-init で指定されているプロンプト名が表示されます。

    vcg-post-install-verification-code-prompt-name

  2. /var/log/cloud-init.log を確認することもできます。次のメッセージが表示された場合、cloud-init が正常に実行されているものと思われます。

    vcg-code-cloud-init-completed

  3. SD-WAN GatewaySD-WAN Orchestrator に登録されていることを確認します。

    vcg-is-registered-with-vco

  4. 外部接続を確認します。

    vcg-code-verify-outside-connectivity

  5. 管理 VRF が ARP に応答することを確認します。

    vcg-code-verify-mgmt-vrf

  6. cloud-init を削除して、再び実行されないようにします。
    apt-get purge cloud-init 
  7. 新しいゲートウェイ プール(ゲートウェイの作成とアクティベーション キーの取得セクションで作成した)をユーザーに関連付けます。

    vcg-associate-new-gateway-pool

  8. ゲートウェイを Edge に関連付けます。

    vcg-associate-gateway-with-edge

  9. Edge がインターネット側のゲートウェイとのトンネルを確立できることを確認します。VMware SD-WAN Orchestrator で、[監視 (Monitor)] > [Edge (Edges)] > [概要 (Overview)] に移動します。

    VMware SD-WAN Orchestrator で、[テストとトラブルシューティング (Test & Troubleshoot)] > [リモート診断 (Remote Diagnostics)] > [[Edge]] > [パスの一覧表示 (List Paths)] に移動し、[実行 (Run)] をクリックしてアクティブなパスを一覧表示します。

  10. ハンドオフ インターフェイスを構成します。

    vcg-configure-handoff-interface

  11. BGP セッションが起動していることを確認します。

    vcg-verify-bgp-session-is-up