[認証 (Authentication)] タブでは、パートナーの認証モードを設定したり、既存の API トークンを表示したりすることができます。

パートナー ポータルで、[設定 (Settings)] > [認証 (Authentication)] をクリックし、次の設定を構成します。

[パートナー認証 (Partner Authentication)]

[認証モード (Authentication Mode)] で、次のいずれかを選択します。
  • [ネイティブ (NATIVE)] - デフォルトの認証モード。ユーザーは、ネイティブのユーザー名とパスワードを使用してパートナー ポータルにログインできます。このモードでは、構成は必要ありません。
  • [SSO] - シングル サインオン (SSO) は、ユーザーが 1 組のログイン認証情報を使用してパートナー ポータルにログインし、複数のアプリケーションにアクセスできるようにする、セッションおよびユーザー認証サービスです。詳細については、パートナー ユーザーのシングル サインオンの構成を参照してください。

[API トークン (API Tokens)]

認証モードに関係なく、トークンベースの認証を使用して Orchestrator API にアクセスできます。このセクションで既存の API トークンを確認できます。

パートナー スーパー ユーザーまたは API トークンに関連付けられているユーザーは、トークンを取り消すことができます。トークンを選択し、[アクション (Actions)] > [取り消し (Revoke)] をクリックします。API トークンを作成してダウンロードするには、API トークンを参照してください。