このセクションでは、SD-WAN Gateway のインストール手順について説明します。

一般的に、SD-WAN Gateway のインストールには次の手順が含まれます。

  1. SD-WAN OrchestratorSD-WAN Gateway を作成し、アクティベーション キーをメモしておきます。
  2. SD-WAN OrchestratorSD-WAN Gateway を構成します。
  3. cloud-init ファイルを作成します。
  4. VMware または KVM で仮想マシンを作成します。
  5. SD-WAN Gateway 仮想マシンを起動して、SD-WAN Gateway cloud-init が正しく初期化されていることを確認します。この段階で、SD-WAN GatewaySD-WAN Orchestrator に対してアクティベーションされます。
  6. 接続を確認し、cloud-init を無効にします。
重要: SD-WAN Gateway は、仮想スイッチと SR-IOV の両方をサポートしています。このガイドでは、SR-IOV をオプションの構成手順として指定します。SR-IOV を使用する場合は、パートナー ハンドオフが機能するようにするため、DPDK を有効にする必要があります。