VMware は、Edge を介してトラフィックを渡すための VNF として使用できるサードパーティ製ファイアウォールをサポートしています。

サードパーティ製ファイアウォールを選択し、それに応じて設定を構成します。サードパーティ製ファイアウォールにも、追加の設定を構成する必要がある場合があります。追加の構成については、対応するサードパーティ製ファイアウォールのデプロイ ガイドを参照してください。

VNF タイプの [Check Point ファイアウォール (Check Point Firewall)][Fortinet ファイアウォール (Fortinet Firewall)] の場合は、システム プロパティ [edge.vnf.extraImageInfos] を使用して VNF イメージを構成します。システム プロパティを構成するには、オペレータ ユーザーである必要があります。オペレータ ロールのアクセス権がない場合は、オペレータに問い合わせて VNF イメージを構成します。

注: システム プロパティに正しいチェックサム値を指定する必要があります。Edge は、ダウンロードされた VNF イメージのチェックサムを計算し、その値をシステム プロパティで使用可能な値と比較します。Edge は、両方のチェックサム値が同じ場合にのみ VNF をデプロイします。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] をクリックします。
  2. [サービス (Services)] ページで、[VNF (VNFs)] セクションまでスクロールし、[新規 (New)] をクリックします。
  3. [VNF サービス管理の構成 (VNF Service Management Configuration)] ウィンドウで、セキュリティ VNF サービスのわかりやすい名前を入力し、ドロップダウン リストから [VNF タイプ (VNF Type)] を選択します。
  4. 選択した VNF タイプに基づいて設定を構成します。
    1. VNF タイプ [Palo Alto Networks ファイアウォール (Palo Alto Networks Firewall)] は次のように構成します。
      configure-vnf-dialog
      1. [プライマリ Panorama の IP アドレス (Primary Panorama IP Address)]:Panorama サーバのプライマリ IP アドレスを入力します。
      2. [セカンダリ Panorama の IP アドレス (Secondary Panorama IP Address)]:Panorama サーバのセカンダリ IP アドレスを入力します。
      3. [Panorama 認証キー (Panorama Auth Key)]:Panorama サーバで構成されている認証キーを入力します。VNF は、認証キーを使用して、Panorama にログインして通信します。
      4. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
      [Palo Alto Networks (Palo Alto Networks)] を VNF タイプとして構成した後、VNF ライセンスを定義します。これらのライセンスは、1 つ以上の VNF が構成された Edge に適用されます。
      1. [サービス (Services)] ページで、[VNF ライセンス (VNF Licenses)] セクションまでスクロールし、[新規 (New)] をクリックします。
      2. [VNF ライセンスの構成 (VNF License Configuration)] ウィンドウで、次のように構成します。

        configure-vnfs-vnf-license-config-dialog-valid

        • [名前 (Name)]:VNF ライセンスのわかりやすい名前を入力します。
        • [VNF タイプ (VNF Type)]:ドロップダウン リストから VNF タイプを選択します。現在、利用可能なオプションは [Palo Alto Networks ファイアウォール (Palo Alto Networks Firewall)] のみです。
        • [License Server の API キー (License Server API Key)]:ライセンス キーを Palo Alto Networks アカウントから入力します。SD-WAN Orchestrator は、このキーを使用して Palo Alto Networks の License Server と通信します。
        • [認証コード (Auth Code)]:Palo Alto Networks から購入した認証コードを入力します。
        • [テスト (Test)] をクリックして、構成を検証します。
      3. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
      [Palo Alto Networks ファイアウォール (Palo Alto Networks Firewall)] を Edge 上の VNF タイプとして構成するときに、VNF ライセンスを適用できます。
    2. VNF タイプ [Check Point ファイアウォール (Check Point Firewall)] は次のように構成します。
      1. [プライマリ Check Point 管理サーバの IP アドレス (Primary Check Point Mgmt Server IP)]:Check Point ファイアウォールに接続する Check Point Smart Console の IP アドレスを入力します。
      2. [管理サーバ アクセス用の SIC キー (SIC Key for Mgmt Server Access)]:VNF を Check Point Smart Console に登録するために使用するパスワードを入力します。
      3. [管理者パスワード (Admin Password)]:管理者パスワードを入力します。
      4. [VNF イメージの場所 (VNF Image Location)]SD-WAN Orchestrator が VNF イメージをダウンロードするイメージの場所を入力します。
      5. [イメージ バージョン (Image Version)]:ドロップダウン リストから Check Point VNF イメージのバージョンを選択します。イメージのバージョンは、システム プロパティ [edge.vnf.extraImageInfos] から取得されます。
      6. [ファイル チェックサム タイプ (File Checksum Type)]:VNF イメージの検証に使用する方法を指定します。イメージのバージョンを選択した後に自動的に入力されます。
      7. [ファイル チェックサム (File Checksum)]:VNF イメージの検証に使用するチェックサムを指定します。イメージのバージョンを選択した後に自動的に入力されます。チェックサムの値は、システム プロパティ [edge.vnf.extraImageInfos] から取得されます。
      8. [ダウンロード タイプ (Download Type)]:イメージのタイプを選択します。[https (https)] には、ユーザー名とパスワードを入力します。[s3 (s3)] には、「AccessKeyid」、「SecretAccessKey」と入力して、[リージョン (Region)] を選択します。
      9. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
    3. VNF タイプ [Fortinet ファイアウォール (Fortinet Firewall)] は次のように構成します。
      1. [Fortinet 管理サーバの IP アドレス (Fortinet Mgmt Server IP)]:FortiGate に接続する FortiManager の IP アドレスを入力します。
      2. [Fortimanager シリアル番号 (Fortimanager Serial Number)]:FortiManager のシリアル番号を入力します。
      3. [登録パスワード (Registration Password)]:VNF を FortiManager に登録するために使用されるパスワードを入力します。
      4. [VNF イメージの場所 (VNF Image Location)]SD-WAN Orchestrator が VNF イメージをダウンロードするイメージの場所を入力します。
      5. [イメージ バージョン (Image Version)]:ドロップダウン リストから Fortinet VNF イメージのバージョンを選択します。次のオプションを使用できます:6.4.0、6.2.4、6.0.5、6.2.0。イメージのバージョンは、システム プロパティ [edge.vnf.extraImageInfos] から取得されます。
      6. [ファイル チェックサム タイプ (File Checksum Type)]:VNF イメージの検証に使用する方法を指定します。イメージバージョンを選択した後に自動的に入力されます。
      7. [ファイル チェックサム (File Checksum)]:VNF イメージの検証に使用するチェックサムを指定します。イメージのバージョンを選択した後に自動的に入力されます。チェックサムの値は、システム プロパティ [edge.vnf.extraImageInfos] から取得されます。
      8. [ダウンロード タイプ (Download Type)]:イメージのタイプを選択します。[https (https)] には、ユーザー名とパスワードを入力します。[s3 (s3)] には、「AccessKeyid」、「SecretAccessKey」と入力して、[リージョン (Region)] を選択します。
      9. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。

結果

[VNF (VNFs)] セクションには、作成された VNFS サービスが表示されます。次の図は、Check Point ファイアウォールとしての VNF タイプの例を示しています。

次のタスク

Edge のセキュリティ VNF を構成して、VNF 管理サービスを介してトラフィックを転送できます。を参照してください。