次の表は、Syslog コレクタにエクスポートできるすべての VMware SD-WAN Edge イベントを示しています。

イベント 重要度 説明
BW_UNMEASURABLE アラート パス帯域幅が測定できない場合に SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_BIOS_UPDATE_FAILED エラー SD-WAN Edge BIOS の更新時に 12-upgrade-bios.sh スクリプトによって生成されます。
EDGE_BIOS_UPDATED 情報 SD-WAN Edge BIOS の更新が失敗したときに 12-upgrade-bios.sh スクリプトによって生成されます。
EDGE_COMMAND 情報 Edge コマンドの実行時、リモート診断中に SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_CONSOLE_LOGIN 情報 コンソール ポート経由のログイン時に SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_DEACTIVATED 警告 SD-WAN Edge のすべての構成がクリアされ、ユーザーのサイトに関連付けられていない場合に生成されます。ソフトウェア ビルドは変更されません。
EDGE_DHCP_BAD_OPTION 警告 無効な DHCP オプションを使用して SD-WAN Edge が構成されている場合に生成されます。
EDGE_DISK_IO_ERROR 警告 アップグレード/ダウングレード中にディスク IO エラーが発生したときに SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_DISK_READONLY 重大 ディスクが読み取り専用モードになったときに SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_DNSMASQ_FAILED エラー Dnsmasq サービスが失敗したときに生成されます。
EDGE_DOT1X_SERVICE_DISABLED 警告、重大 SD-WAN Edge 802.1x サービスが無効になっているときに vc_procmon によって生成されます。
EDGE_DOT1X_SERVICE_FAILED エラー SD-WAN Edge 802.1x サービスが失敗したときに vc_procmon によって生成されます。
EDGE_HARD_RESET 警告 ユーザーが SD-WAN Edge ハード リセットを開始したときに生成されます。
EDGE_HEALTH_ALERT 緊急 データ プレーンがパケット処理に必要なリソースを割り当てることができない場合に、SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_INTERFACE_DOWN 情報 インターフェイスが停止しているときにホットプラグ スクリプトによって生成されます。
EDGE_INTERFACE_UP 情報 インターフェイスが稼動しているときにホットプラグ スクリプトによって生成されます。
EDGE_KERNEL_PANIC アラート

Edge オペレーティング システムで重大な例外が発生し、回復するために Edge を再起動する必要がある場合に、SD-WAN Edge によって生成されます。Edge の再起動では、Edge が再起動を完了するまでに、顧客のトラフィックに 2 ~ 3 分間のダウンタイムが発生します。

EDGE_L2_LOOP_DETECTED エラー SD-WAN EdgeL2 ループが検出されたときに生成されます。
EDGE_LED_SERVICE_DISABLED 警告、重大 SD-WAN Edge LED サービスが無効になっているときに vc_procmon によって生成されます。
EDGE_LED_SERVICE_FAILED エラー SD-WAN Edge LED サービスが失敗したときに vc_procmon によって生成されます。
EDGE_LOCALUI_LOGIN 情報 ユーザーのローカル ユーザー インターフェイス ログインが成功したときに生成されます。
EDGE_MEMORY_USAGE_ERROR エラー

Edge メモリ使用率が定義されたしきい値を超え、70% のしきい値に達したことをリソース監視プロセスが検出すると、SD-WAN Edge によって生成されます。リソース監視は、90 秒間待機して、エッジ プロセスがメモリ使用量の一時的な急増から回復できるようにします。メモリ使用率が 70% 以上の状態が 90 秒を超えて持続する場合、Edge はこのエラー メッセージを生成し、このイベントを Orchestrator に送信します。

EDGE_MEMORY_USAGE_WARNING 警告

Edge メモリの使用率が使用可能なメモリの 50% 以上であることをリソース監視プロセスが検出すると、SD-WAN Edge によって生成されます。このイベントは、メモリ使用率が 50% のしきい値を下回るまで、60 分ごとに Orchestrator に送信されます。

EDGE_MGD_SERVICE_DISABLED 重大、警告 mgd が起動できないか、失敗が多すぎるために無効にされた場合に vc_procmon によって生成されます。
EDGE_MGD_SERVICE_FAILED エラー mgd サービスが失敗したときに、vc_procmon によって生成されます。
EDGE_NEW_DEVICE 情報 DHCP 要求が処理され、新しい DHCP クライアントが識別されたときに生成されます。
EDGE_NEW_USER 情報 新しいクライアント ユーザーが追加されたときに生成されます。
EDGE_OSPF_NSM 情報 OSPF ネイバー ステート マシン (NSM) 状態が発生したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_REBOOTING 警告 ユーザーが SD-WAN Edge の再起動を開始したときに生成されます。
EDGE_RESTARTING 警告 ユーザーが SD-WAN Edge サービスの再起動を開始したときに生成されます。
EDGE_SERVICE_DISABLED 警告 SD-WAN Edge データ プレーン サービスが無効になっているときに生成されます。
EDGE_SERVICE_ENABLED 警告 SD-WAN Edge データ プレーン サービスが有効になっているときに生成されます。
EDGE_SERVICE_FAILED エラー SD-WAN Edge データ プレーン サービスが失敗したときに生成されます。
EDGE_SHUTTING_DOWN 警告 SD-WAN Edge のシャットダウン時に生成されます。
EDGE_STARTUP 情報 SD-WAN Edge が管理専用モードで実行されている場合に生成されます。
EDGE_SSH_LOGI 情報 SSH プロトコル経由のログイン時に SD-WAN Edge によって生成されます。
EDGE_TUNNEL_CAP_WARNING 警告

SD-WAN Edge が最大トンネル容量に達したときに生成されます。

EDGE_VNFD_SERVICE_DISABLED 警告、重大 Edge VNFD サービスが無効になっているときに vc_procmon によって生成されます。
EDGE_VNFD_SERVICE_FAILED エラー Edge VNFD サービスが失敗したときに vc_procmon によって生成されます。
FLOOD_ATTACK_DETECTED 情報 悪意のあるホストが新しい接続で SD-WAN Edge をフラッドしたときに生成されます。
HA_FAILED 情報 HA ピア状態が不明 - スタンバイ Edge がハートビート応答を送信せず、2 つの HA Edge のうち 1 つだけが Orchestrator およびゲートウェイと通信している場合に生成されます。
HA_GOING_ACTIVE 情報 HA フェイルオーバー。アクティブの高可用性 (HA) Edge が停止としてマークされ、スタンバイ起動してアクティブになると生成されます。
HA_INTF_STATE_CHANGED アラート HA インターフェイスの状態がアクティブに変更されたときに生成されます。
HA_READY 情報 アクティブおよびスタンバイの両方の Edge が稼動中で、同期されているときに生成されます。
HA_STANDBY_ACTIVATED 情報 HA スタンバイ Edge がアクティベーション キーを承諾し、その構成をダウンロードしてソフトウェア ビルドを更新したときに生成されます。
HA_TERMINATED 情報 HA が SD-WAN Edge 上で無効になっている場合に生成されます。
INVALID_JSON 重大 SD-WAN Edge が MGD から無効な応答を受信したときに生成されます。
IP_SLA_PROBE Up = 情報、Down = アラート IP アドレスの ICMP プローブの状態が変更されたときに生成されます。
IP_SLA_RESPONDER Up = 情報、Down = アラート IP アドレスの ICMP レスポンダの状態が変更されたときに生成されます。
LINK_ALIVE 情報 WAN リンクが DEAD でなくなったときに生成されます。
LINK_DEAD アラート WAN リンク上に確立されたすべてのトンネルが少なくとも 7 秒間パケットを受信しなかった場合に生成されます。
LINK_MTU 情報 WAN リンクの MTU が検出されたときに生成されます。
LINK_UNUSABLE アラート WAN リンクが使用できない状態に移行したときに生成されます。
LINK_USABLE 情報 WAN リンクが使用可能な状態に移行したときに生成されます。
MGD_ACTIVATION_ERROR エラー SD-WAN Edge のアクティベーションに失敗したときに生成されます。アクティベーション リンクが正しくないか、構成が Edge に正常にダウンロードされませんでした。
MGD_ACTIVATION_PARTIAL 情報 SD-WAN Edge が部分的にアクティベーションされたが、ソフトウェアの更新に失敗したときに生成されます。
MGD_ACTIVATION_SUCCESS 情報 SD-WAN Edge が正常にアクティベーションされたときに生成されます。
MGD_CONF_APPLIED 情報 Orchestrator で行われた構成変更が SD-WAN Edge にプッシュされ、正常に適用された場合に生成されます。
MGD_CONF_FAILED 情報 SD-WAN Edge が Orchestrator で行われた構成変更の適用に失敗したときに生成されます。
MGD_CONF_ROLLBACK 情報 Orchestrator から送信された構成ポリシーが SD-WAN Edge を不安定化したためにロールバックが必要になると生成されます。
MGD_CONF_UPDATE_INVALID 情報 Edge で使用できない無効なソフトウェア イメージを持つオペレータ プロファイルが SD-WAN Edge に割り当てられている場合に生成されます。
MGD_DEACTIVATED 情報 mgd によるユーザーの要求に基づいて SD-WAN Edge が非アクティブになったときに生成されます。
MGD_DEVICE_CONFIG_WARNING/ERROR 警告、情報 不整合または無効なデバイス設定を検出した場合に生成されます。
MGD_DIAG_REBOOT 情報 Orchestrator からリモート アクションによって SD-WAN Edge が再起動されたときに生成されます。
MGD_DIAG_RESTART 情報 SD-WAN Edge のデータ プレーン サービスが Orchestrator からリモート アクションによって再起動されたときに生成されます。
MGD_EMERG_REBOOT 重大 SD-WAN Edge を再起動して、vc_procmon によってスタックしたプロセスから回復したときに生成されます。
MGD_ENTER_LIVE_MODE デバッグ SD-WAN Edge 上の管理サービスがライブ モードに移行したときに生成されます。
MGD_EXIT_LIVE_MODE デバッグ SD-WAN Edge の管理サービスがライブ モードを終了したときに生成されます。
MGD_EXITING 情報 SD-WAN Edge の管理サービスが再起動のためにシャットダウンしているときに生成されます。
MGD_EXTEND_LIVE_MODE デバッグ ライブ モードが延長されたときに SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_FLOW_STATS_PUSH_FAILED デバッグ Orchestrator にプッシュされたフロー統計が失敗したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_FLOW_STATS_PUSH_SUCCEEDED デバッグ Orchestrator にプッシュされたフロー統計が成功したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_FLOW_STATS_QUEUED 情報 Orchestrator にプッシュされたフロー統計情報がキューに入れられたときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HARD_RESET 情報 SD-WAN Edge が工場出荷時のデフォルトのソフトウェアおよび構成にリストアされたときに生成されます。
MGD_HEALTH_STATS_PUSH_FAILED デバッグ Orchestrator にプッシュされた健全性統計情報が失敗したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HEALTH_STATS_PUSH_SUCCEEDED デバッグ Orchestrator にプッシュされた健全性統計情報が成功したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HEALTH_STATS_QUEUED 情報 Orchestrator にプッシュされた健全性統計情報がキューに入れられたときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HEARTBEAT 情報 Orchestrator へのハートビートが生成さたときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HEARTBEAT_FAILURE 情報 Orchestrator に対して生成されたハートビートが失敗したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_HEARTBEAT_SUCCESS 情報 Orchestrator に対して生成されたハートビートが成功したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_INVALID_VCO_ADDRESS 警告 Orchestrator の無効なアドレスが管理プレーンのポリシー更新で送信され、無視された場合に生成されます。
MGD_LINK_STATS_PUSH_FAILED デバッグ Orchestrator にプッシュされたリンク統計情報が失敗したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_LINK_STATS_PUSH_SUCCEEDED デバッグ Orchestrator にプッシュされたリンク統計情報が成功したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_LINK_STATS_QUEUED 情報 Orchestrator にプッシュされたリンク統計情報がキューに入れられたときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_LIVE_ACTION_FAILED デバッグ ライブ アクションが失敗したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_LIVE_ACTION_REQUEST デバッグ ライブ アクションが要求されたときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_LIVE_ACTION_SUCCEEDED デバッグ ライブ アクションが成功したときに、SD-WAN Edge によって生成されます。
MGD_NETWORK_MGMT_IF_BROKEN アラート 管理ネットワークが正しく設定されていない場合に生成されます。
MGD_NETWORK_MGMT_IF_FIXED 警告 管理ネットワークの不整合を修正するためにネットワークを 2 回再起動したときに生成されます。
MGD_NETWORK_SETTINGS_UPDATED 情報 新しいネットワーク設定が SD-WAN Edge に適用されると生成されます。
MGD_SET_CERT_FAIL エラー SD-WAN Edge への Orchestrator 通信用の新しい公開鍵基盤 (PKI) 証明書のインストールが失敗した場合に生成されます。
MGD_SET_CERT_SUCCESS 情報 Orchestrator 通信用の新しい公開鍵基盤 (PKI) 証明書が SD-WAN Edge に正常にインストールされたときに生成されます。
MGD_SHUTDOWN 情報 ユーザーの要求に基づいて SD-WAN Edge 診断のシャットダウンが発生したときに生成されます。
MGD_START 情報 SD-WAN Edge の管理デーモンが開始されたときに生成されます。
MGD_SWUP_DOWNLOAD_FAILED エラー Edge ソフトウェア アップデート イメージのダウンロードが失敗したときに生成されます。
MGD_SWUP_DOWNLOAD_SUCCEEDED デバッグ Edge ソフトウェア アップデート イメージのダウンロードが成功したときに生成されます。
MGD_SWUP_IGNORED_UPDATE 情報 すでに同じバージョンが SD-WAN Edge によって実行されているため、アクティベーション時にソフトウェア アップデートが無視された場合に生成されます。
MGD_SWUP_INSTALL_FAILED エラー ソフトウェア アップデートのインストールに失敗したときに生成されます。
MGD_SWUP_INSTALLED 情報 ソフトウェアの更新が正常にダウンロードおよびインストールされたときに生成されます。
MGD_SWUP_INVALID_SWUPDATE 警告 Orchestrator から受信したソフトウェア アップデート パッケージが無効な場合に生成されます。
MGD_SWUP_REBOOT 情報 ソフトウェアのアップデート後に SD-WAN Edge が再起動されるときに生成されます。
MGD_SWUP_STANDBY_UPDATE_FAILED エラー スタンバイ HA Edge のソフトウェア更新に失敗したときに生成されます。
MGD_SWUP_STANDBY_UPDATE_START 情報 HA スタンバイ ソフトウェアの更新が開始されたときに生成されます。
MGD_SWUP_STANDBY_UPDATED 情報 スタンバイ HA Edge のソフトウェア更新が開始したときに生成されます。
MGD_SWUP_UNPACK_FAILED エラー Edge がダウンロードされたソフトウェア アップデート パッケージの解凍に失敗したときに生成されます。
MGD_SWUP_UNPACK_SUCCEEDED 情報 Edge がダウンロードされたソフトウェア アップデート パッケージの解凍に成功したときに生成されます。
MGD_UNREACHABLE 緊急 データ プレーン プロセスが管理プレーン プロキシと通信できなかった場合に生成されます。
MGD_VCO_ADDR_RESOLV_FAILED 警告 Orchestrator アドレスの DNS 解決に失敗したときに生成されます。
MGD_WEBSOCKET_INIT デバッグ Orchestrator で WebSocket 通信が開始されたときに生成されます。
MGD_WEBSOCKET_CLOSE デバッグ Orchestrator との WebSocket 通信が終了したときに生成されます。
PEER_UNUSABLE アラート ピアの統計情報の送信中にピアへのオーバーレイ接続が停止したときに生成されます。
PEER_USABLE 情報 ピアへのオーバーレイ接続が一定期間使用できなくなった後で再開したときに生成されます。
PORT_SCAN_DETECTED 情報 ポート スキャンが検出されたときに生成されます。
QOS_OVERRIDE 情報 トラフィック パス(ゲートウェイまたは直接)を反転するために生成されます。
SLOW_START_CAP_MET 通知 帯域幅測定のスロースタートの制限を超えたときに生成されます。これはバースト モードで実行されます。
VPN_DATACENTER_STATUS 情報、エラー VPN トンネルの状態が変化したときに生成されます。
VRRP_FAIL_INFO 情報 VRRP が失敗したときに生成されます。
VRRP_INTO_MASTER_STATE 情報 VRRP がマスターの状態になると生成されます。
VRRP_OUT_OF_MASTER_STATE 情報 VRRP がマスターの状態を終了すると生成されます。