テンプレート ID:259

共通 + NAT テンプレート

要素 ID 名前 タイプ 説明 該当する Edge リリース
225 postNATSourceIPv4Address ipv4Address この情報要素の定義は、パケットが観測ポイントに渡された後に NAT ミドルボックス機能によって発生した変更された値を報告する点を除き、sourceIPv4Address 情報要素の定義と同じです。 3.4.0
226 postNATDestinationIPv4Address ipv4Address この情報要素の定義は、パケットが観測ポイントに渡された後に NAT ミドルボックス機能によって発生した変更された値を報告する点を除き、destinationIPv4Address 情報要素の定義と同じです。 3.4.0
注:
  • NetFlow エクスポートは一方向のフローです。VMware SD-WAN はフロー統計を 2 つのフロー レコードとしてエクスポートするか、RFC5103(双方向のフロー エクスポート)を実装する必要があります。
  • flowID は、エンタープライズ内で一意になるように構成する必要があります。
  • ダイレクト NAT:
    • IP アドレスが 10.0.1.25 の LAN クライアントからインターネット 169.254.6.18 へのフローを考えてみてください。これは、ビジネス ポリシー(SNAT 送信元 IP アドレスから WAN インターフェイス IP アドレス 169.254.7.10 へ)により NAT 処理されます。したがって、このフローのフロー レコードには、「SIP: 10.0.1.25」と「DIP: 169.254.6.18」があります。postNAT の送信元 IP アドレスは 169.254.7.10 になり、postNAT の宛先 IP アドレスは 169.254.6.18 になります。