クラウド VPN を使用して Non VMware SD-WAN Site プロファイルを構成する方法について説明します。

クラウド VPN を使用して Non VMware SD-WAN Site プロファイルを構成するには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] の順に移動します。[構成プロファイル (Configuration Profiles)] ページが表示されます。
  2. クラウド VPN を構成するプロファイルを選択し、[デバイス (Device)] 列の下にあるアイコンをクリックします。選択したプロファイルの [デバイス設定 (Device Settings)] ページが表示されます。
  3. [クラウド VPN (Cloud VPN)] 領域に移動し、トグル ボタンを [オン (On)] にしてクラウド VPN を有効にします。
  4. SD-WAN Gateway を介してブランチと Non VMware SD-WAN Site の間に VPN 接続を確立するには、[ブランチからゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (Branch to Non SD-WAN Destinations via Gateway)] を有効にします。

    quickstart-nv-site-vpn-new

  5. ドロップダウン メニューから、Non VMware SD-WAN Site を選択して VPN 接続を確立します。[+](プラス)ボタンをクリックして、さらに Non VMware SD-WAN Sites を追加します。
  6. ドロップダウン メニューから [新しいゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (New Non SD-WAN Destinations via Gateway)] を選択して VPN 接続を作成することもできます。ゲートウェイ経由の Non VMware SD-WAN Site ネットワーク サービス構成の詳細については、ゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先の構成を参照してください。
  7. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
  8. SD-WAN Orchestrator の左側にあるナビゲーション パネルから [構成 (Configure)] -> [プロファイル (Profiles)] をクリックします。
  9. [プロファイル (Profiles)] ページで、[クイック スタート VPN プロファイル (Quick Start VPN Profile)] を選択し、右上にある [アクション (Actions)] -> [プロファイルの複製 (Duplicate Profile)] をクリックして、Non VMware SD-WAN Site プロファイルを複製します。