[Edge の概要 (Edge Overview)] タブには、Edge 固有の情報が表示されます。名前、説明、連絡先情報、関連付けられているプロファイルなどの詳細情報を更新できます。さらに、Edge をアクティベーションするための E メールの送信や、RMA の再アクティベーションの申請などのアクティビティを実行することもできます。

エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] をクリックします。ページに既存の Edge が表示されます。Edge へのリンクをクリックします。[Edge の概要 (Edge Overview)] タブで、次の項目を表示および構成できます。

プロパティ (Properties)

選択した Edge の既存の詳細が表示されます。必要に応じて、情報を変更できます。

オプション 説明
名前 (Name) Edge の既存の名前が表示されます。
説明 (Description) Edge の既存の説明が表示されます。
カスタム情報 (Custom Info) Edge に関連付けられているカスタム情報が表示されます。
[事前通知の有効化 (Enable Pre-Notifications)] チェックボックス

デフォルトでは、このオプションが有効になっており、Edge のアラート通知がオペレータに送信されます。

オペレータは、E メール、SMS、または SNMP トラップを使用してアラートを受信できます。アラートを構成するには、アラートの構成を参照してください。[監視 (Monitor)] > [アラート (Alerts)] をクリックして、アラートを表示することもできます。

[アラートの有効化 (Enable Alerts)] チェックボックス

デフォルトでは、このオプションが有効になっており、Edge のアラート通知がユーザーに送信されます。

ユーザーは、E メール、SMS、または SNMP トラップを使用してアラートを受信できます。アラートを構成するには、アラートの構成を参照してください。[監視 (Monitor)] > [アラート (Alerts)] をクリックして、アラートを表示することもできます。

認証モード (Authentication Mode)

以下の使用可能なリストから認証モードを選択します。

  • [証明書が無効 (Certificate Disabled)]:Edge は認証の事前共有キー モードを使用します。
  • [証明書の取得 (Certificate Acquire)]:このオプションはデフォルトで選択されており、Edge にキー ペアを生成して Orchestrator に証明書署名リクエストを送信することによって、SD-WAN Orchestrator の認証局から証明書を取得するように指示します。証明書を取得すると、Edge は、証明書を使用して SD-WAN Orchestrator に認証し、VCMP トンネルを確立します。
    注: 証明書を取得した後、オプションを [証明書が必要 (Certificate Required)] に更新することができます。
  • [証明書が必要 (Certificate Required)]:Edge は PKI 証明書を使用します。オペレータは、システム プロパティを使用して Edge の証明書更新時間枠を変更できます。詳細については、オペレータにお問い合わせください。
ライセンス (License) 使用可能なリストから Edge ライセンスを選択します。リストには、オペレータによってエンタープライズに割り当てられているライセンスが表示されます。
証明書の表示 (View Certificate) このオプションは、Edge に有効な証明書がある場合に表示されます。[表示 (View)] リンクをクリックして、証明書の表示、エクスポート、または取り消しができます。
状態 (Status) Edge のステータスが表示されます。
  • [保留中 (Pending)]:Edge はアクティベーションされていません。
  • [アクティベーション済み (Activated)]:Edge はアクティベーションされています。
  • [再アクティベーションの保留中 (Reactivation Pending)][再アクティベーションを要求 (Request Reactivation)] をクリックすると、ステータスが「再アクティベーションの保留中 (Reactivation Pending)」に変わります。これは、新規または交換された Edge を既存の構成で有効にできることを示します。ただし、このステータスは、Edge の機能には影響しません。
アクティベーション済み (Activated) Edge がアクティベーションされた日時が表示されます。
ソフトウェア バージョン (Software Version) Edge のソフトウェア バージョンとビルド番号が表示されます。
ローカルの認証情報 (Local Credentials)

ローカル ユーザー インターフェイスの認証情報が表示されます。デフォルトの認証情報は次のとおりです。

ユーザー名 (username):admin

パスワード (password):admin123

認証情報を変更するには、[表示 (View)] をクリックします。

シリアル番号 (Serial Number) このオプションは、Edge が保留状態になっている場合に使用できます。Edge のシリアル番号を入力できます。これはオプションです。シリアル番号は、入力した場合は、アクティベーション時の Edge のシリアル番号と一致する必要があります。
アクティベーション キー (Activation Key) このオプションは、Edge が保留状態になっている場合に使用できます。アクティベーション キーは 1 か月間有効です。1 か月後にキーの有効期限が切れ、警告メッセージが表示されます。警告メッセージで [新しいアクティベーション キーの生成 (Generate New Activation Key)] をクリックすると、新しいキーを生成できます。
アクティベーション メールの送信 (Send Activation Email)

アクティベーションの手順を記載した E メールをサイトの連絡先に送信します。このオプションでは、Edge はアクティベーションされませんが、アクティベーション プロセスが開始されます。

このオプションをクリックすると、ポップアップ ウィンドウが表示され、E メールの詳細が表示されます。手順を変更して、E メールを送信できます。

E メールは、手順とアクティベーション URL で構成されています。URL には、SD-WAN Orchestrator のアクティベーション キーと IP アドレスが表示されます。

プロファイル

Edge に割り当てられたプロファイルと Edge 固有のオーバーライドと追加が表示されます。Edge のオーバーライドは、Edge レベルで継承されたプロファイル構成に対する変更です。Edge の追加は、プロファイルに含まれていないものの、選択した Edge に追加される構成です。このセクションに、すべての Edge のオーバーライドと追加の概要が表示されます。

ドロップダウン リストからプロファイルを選択して、割り当てられたプロファイルを変更できます。

注: 別のプロファイルに切り替えても、Edge のオーバーライド構成は変更されません。
注: プッシュ アクティベーションによって、Edge ステージング プロファイルが表示されることがあります。これは、本番プロファイルで構成されていない新しい Edge です。このような場合、エンタープライズ管理者は、ドロップダウン リストからプロファイルを手動で割り当てる必要があります。

プロファイルの切り替え中に、ユーザーが割り当てたオペレータ プロファイルと Edge で割り当てられたエンタープライズ プロファイルとの間の互換性を確認します。次の表は、互換性マトリックスを示しています。

ユーザーのオペレータ プロファイルのタイプ [現在の Edge エンタープライズ プロファイル] [選択した Edge エンタープライズ プロファイル] 結果
セグメントベース セグメントベース セグメントベース 変更なし
ネットワークベース ネットワークベース ネットワークベース 変更なし
セグメントベース ネットワークベース セグメントベース Edge の構成は、セグメントベースの構成に変換されます。ただし、Edge のソフトウェア イメージがバージョン 3.0 以降に更新されるまで、Edge には配信されません。
ネットワークベース ネットワークベース セグメントベース Edge の構成は、セグメントベースの構成に変換されます。ただし、Edge のソフトウェア イメージがバージョン 3.0 以降に更新されるまで、Edge には配信されません。
セグメントベース ネットワークベース ネットワークベース Edge はイメージのアップデートを受信しません。
ネットワークベース セグメントベース セグメントベース Edge はイメージのアップデートを受信しません。

連絡先と場所

Edge の既存の連絡先と場所の詳細が表示されます。連絡先の詳細を変更できます。場所の詳細を更新するには、[場所を設定 (Set Location)] をクリックします。

[Edge の場所を設定 (Set Edge Location)] ウィンドウで、アドレスを検索するか、手動でアドレスを入力して場所を更新します。

送付先住所が Edge の場所と異なる場合は、送付先住所の横にある [同上 (Same as above)] チェックボックスをオフにして、送付先の連絡先を入力します。送付場所の詳細を更新するには、[場所を設定 (Set Location)] をクリックします。[Edge の送付場所 (Edge Shipping Location)] ウィンドウで、アドレスを検索するか、手動でアドレスを入力して場所を更新します。

RMA の再アクティベーション

このオプションは、アクティベーションされた Edge のみが使用できます。以下の目的で、RMA の再アクティベーション要求を開始できます。
  • 不具合による Edge の置き換え
  • Edge ハードウェア モデルのアップグレード
[再アクティベーションを要求 (Request Reactivation)] をクリックして、新しいアクティベーション キーを生成します。Edge のステータスが [再アクティベーションの保留中 (Reactivation Pending)] モードに変わります。
注: 再アクティベーション キーは、1 か月のみ有効です。
RMA の再アクティベーション

要求をキャンセルするには、[再アクティベーションの要求をキャンセル (Cancel Reactivation Request)] をクリックします。要求をキャンセルすると、Edge のステータスが [アクティベート済み (Activated)] モードに変わります。

必要に応じて、 [RMA Edge 属性 (RMA Edge Attributes)] で、Edge のシリアル番号を入力できます。別の Edge モデルを再アクティベーションする場合は、 [RMA モデル (RMA model)] リストからモデルを選択し、 [更新 (Update)] をクリックします。
注: シリアル番号と Edge モデルがアクティベーションする Edge と一致しない場合、アクティベーションは失敗します。

[アクティベーション メールの送信 (Send Activation Email)] をクリックして、Edge アクティベーション メールと手順を開始します。

E メールは、手順とアクティベーション URL で構成されています。URL には、SD-WAN Orchestrator のアクティベーション キーと IP アドレスが表示されます。

Edge をアクティベーションするには、次の手順を実行します。

  1. 古い Edge を電源とネットワークから切断します。
  2. 新しい Edge を電源とネットワークに接続します。Edge がインターネットに接続されていることを確認します。
  3. E メールのアクティベーション手順に従います。
    注: E メールのアクティベーション リンクをクリックして、Edge をアクティベーションします。
    Edge は SD-WAN Orchestrator から構成とソフトウェアをダウンロードし、アクティベーションされます。

RMA のアクティベーション キーは 1 か月間有効です。キーの有効期限が切れると、警告メッセージが表示されます。新しいキーを生成するには [新しいアクティベーション キーの生成 (Generate New Activation Key)] をクリックします。

new-rma-request

[新しいアクティベーション キーの生成 (Generate New Activation Key)] ウィンドウで、キーをアクティブにする日数を指定し、[送信 (Submit)] をクリックします。

generate-new-activation-key

キーを生成した後、新しいキーを使用して Edge を再アクティベーションします。

Edge の詳細に変更を加えた後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。