VMware の NetFlow コンテキスト内のインターフェイスは、物理と SD-WAN の 2 つのタイプに大別できます。

  • 物理:イーサネット(GE1、GE2 など)、VLAN(例:br-network1)、IP インターフェイス(例:PPPoE や一部の USB モデム インターフェイス)があります。
  • SD-WAN:VMware デバイスのペア間のポイントツーポイントのインターフェイスです。オーバーレイには、VMware デバイスのペア間に複数のトンネルがある場合があります。これらのトンネルは、VCMP と呼ばれる独自のプロトコルを使用して、暗号化や再送信などの複数の機能を提供します。2 台のデバイス間のトンネルは、構成に応じて常に存在するか、オンデマンドで作成される場合があります。これらのトンネルのエンド ポイントは VMware 用語では「リンク」と呼ばれています。通常は、Edge 上の物理 WAN に接続されたインターフェイスごとに「リンク」があります。
以下の図は、物理/SD-WAN のインターフェイス、リンク、トンネルの関係を示しています。以下の両方のノードで、GE1、GE2、GE3 は物理インターフェイスです。GE1 と GE2 は WAN 側のインターフェイスで、リンクが定義されています。これに対して、GE3 は LAN 側のインターフェイスであるため、リンクは定義されていません。トンネルは、各ノードのリンク間に形成されます。Node1-Node2 SD-WAN インターフェイスは、ノード 1 からノード 2 にトラフィックが送信されるオーバーレイ インターフェイスです。Node1-Node2 SD-WAN インターフェイスでトラフィックが送信されると、個々のパケットは次のいずれかになります。
  • 両方のトンネルで複製されます。
  • 2 つのトンネル間でロード バランシングが行われます。
  • 1 つのトンネルでのみ送信されます。
パケットの処理は、トラフィックのタイプ、構成、ネットワーク条件によって異なります。

テンプレート ID:272

インターフェイス オプション テンプレートは、デフォルトでは 5 分ごとに送信されます。タイマーは設定可能です。

要素 ID(エンタープライズ要素 ID) 名前 タイプ 説明 該当する Edge リリース
10

ingressInterface

unsigned32

範囲フィールド。このインターフェイスのインデックス。値は管理対象オブジェクト ifIndex RFC2863 で定義)の値と一致します。

3.3.0

82

interfaceName

string

インターフェイスを一意に表す短縮名(例:「Eth1/0」)。

3.3.0
83

interfaceDescription

string

インターフェイスの説明(例:「FastEthernet1/0」や「ISP 接続」)。

3.3.0

45000 (12232)

interfaceType

unsigned8

  • 1 - 物理
  • 2 - SDWAN E2E
  • 3 - SDWAN E2DC
  • 4 - SDWAN E2C
  • 5 - 物理サブ インターフェイス(3.4.0 からサポート)
3.3.0

45001 (12233)

destinationUUID

octetArray

宛先ノードの UUID

3.3.0

45013 (12245)

primaryIpv4Address

ipv4Address

物理インターフェイスのプライマリ IP アドレス。SD-WAN インターフェイスの場合、これは常に 0.0.0.0 になります。

3.3.0