このセクションでは、VPN プロファイルを構成する方法について説明します。

VMware SD-WAN Site VPN は、2 つのタイプの VMware SD-WAN Site VPN 用に構成できます。
  • ブランチからハブ
  • ブランチ間 VPN
注: 2 つの VPN タイプの構成オプションを表示するには、 [デバイス (Device)] タブのクラウド VPN 機能を [オン (On)] にする必要があります。

ブランチからハブへの構成

ブランチからハブへの VPN プロファイルを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ブランチからハブ (Branch to Hub)] で、[有効化 (Enable)] チェックボックスをオンにします。
  2. [Edge の選択 (Select Edges)] ボタンをクリックします。

    quickstart-vmware-site-vpn-profile-edge-to-hub2

    次のダイアログ ボックスが表示され、このプロファイルを使用する Edge と SD-WAN Hubs として選択された SD-WAN Edges 間の VPN トンネルに使用できる SD-WAN Hubs を選択するように求められます。

    quickstart-vmware-site-vpn-profile-edge-to-hub-select

  3. 選択して、[OK] をクリックします。

ブランチ間 VPN の構成

ブランチ間 VPN の VPN プロファイルを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ブランチ間 VPN (Branch to Branch VPN)] で、[有効化 (Enable)] チェックボックスをオンにします。
  2. オプションで、[クラウド ゲートウェイを使用 (Use Cloud Gateways)] および SD-WAN Hub[動的なブランチ間 VPN (Dynamic Branch to Branch VPN)] を選択します。
  3. [OK] をクリックします。