SD-WAN Gateway を介してブランチと Non VMware SD-WAN Site の間に VPN 接続を確立するには、[クラウド VPN (Cloud VPN)] の下で [ブランチからゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (Branch to Non SD-WAN Destinations via Gateway)] を有効にします。

手順

  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] の順に移動します。
    [構成プロファイル (Configuration Profiles)] ページが表示されます。
  2. クラウド VPN を構成するプロファイルを選択し、[デバイス (Device)] 列の下にあるアイコンをクリックします。
    選択したプロファイルの [デバイス設定 (Device Settings)] ページが表示されます。
  3. [クラウド VPN (Cloud VPN)] 領域に移動し、トグル ボタンを [オン (On)] にしてクラウド VPN を有効にします。
  4. SD-WAN Gateway を介してブランチと Non VMware SD-WAN Site の間に VPN 接続を確立するには、[ブランチからゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (Branch to Non SD-WAN Destinations via Gateway)] の下で [有効化 (Enable)] チェックボックスをオンにします。
  5. ドロップダウン メニューから、Non VMware SD-WAN Site を選択して VPN 接続を確立します。[+](プラス)ボタンをクリックして、さらに Non VMware SD-WAN Sites を追加します。
  6. ドロップダウン メニューから [新しいゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (New Non SD-WAN Destinations via Gateway)] を選択して VPN 接続を作成することもできます。[新しいゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先 (New Non SD-WAN Destinations via Gateway)] ダイアログが表示されます。
    1. [名前 (Name)] テキスト ボックスに、Non VMware SD-WAN Site の名前を入力します。
    2. [タイプ (Type)] ドロップダウン メニューから、Non VMware SD-WAN Site を選択します。
    3. [プライマリ VPN ゲートウェイ (Primary VPN Gateway)] テキスト ボックスに、選択した Non VMware SD-WAN Site のプライマリ VPN ゲートウェイとして構成する IP アドレスを入力します。
    4. [次へ (Next)] をクリックします。新しい Non VMware SD-WAN Site が作成され、Non VMware SD-WAN Site ドロップダウン メニューに追加されます。
      ゲートウェイ経由の Non VMware SD-WAN Site ネットワーク サービス構成の詳細については、 ゲートウェイ経由の非 SD-WAN 宛先の構成を参照してください。
  7. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
    注: Non VMware SD-WAN Site をプロファイルに関連付ける前に、エンタープライズ データセンターのゲートウェイがエンタープライズ データセンター管理者によって構成済みであり、データセンターの VPN トンネルが有効になっていることを確認します。