このセクションで説明されているように、Orchestrator のアップグレードの準備をするには、VMware サポート チームにお問い合わせください。

SD-WAN Orchestrator をアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. VMware のサポートによりアップグレードを支援します。サポートに問い合わせる前に、次の情報を収集します。
    • Orchestrator の現在のバージョンとターゲットのバージョンを提供します。例:現在のバージョン (2.5.2 GA-20180430)、ターゲットのバージョン (3.3.2 p2)。
      注: 現在のバージョンについては、この情報は [ヘルプ (Help)] リンクをクリックして [バージョン情報 (About)] を選択すると、Orchestrator の右上隅に表示されます。
    • 次の図のように、Orchestrator のレプリケーション ダッシュボードのスクリーンショットを提供します。
    • ハイパーバイザーのタイプとバージョン (vSphere 6.7)
    • Orchestrator からのコマンド:
      注: コマンドは、root として実行する必要があります(「sudo <command>」や「sudo-i」など)。
      • スクリプト /opt/vc/scripts/vco_upgrade_check.sh を実行して、次のことを確認します。
        • LVM レイアウト
        • メモリ情報
        • CPU 情報
        • カーネル パラメータ
        • 一部のシステム プロパティ
        • ssh 構成
        • MySQL スキーマとデータベース サイズ
        • File_store の場所とサイズ
      • /var/log のコピー
        • tar -czf /store/log-`date +%Y%M%S`.tar.gz --newer-mtime="36 hours ago" /var/log
      • スタンバイ Orchestrator から:
        • sudo mysql --defaults-extra-file=/etc/mysql/velocloud.cnf velocloud -e 'SHOW SLAVE STATUS \G'
    • アクティブ Orchestrator から:
      • sudo mysql --defaults-extra-file=/etc/mysql/velocloud.cnf velocloud -e 'SHOW MASTER STATUS \G'
  2. Orchestrator のアップグレードについては、上記の情報を用意し、VMware サポート (https://kb.vmware.com/s/article/53907) にお問い合わせください。