ユーザーを作成した後、ユーザーがアクセスできる機能オプションと設定を構成します。オペレータは、ユーザーまたはエンタープライズが変更できる設定を選択できます。

新しいユーザーを作成すると、[ユーザー構成 (Customer Configuration)] ページにリダイレクトされ、ユーザーの設定を構成できます。

オペレータ ポータルの [ユーザーの管理 (Manage Customers)] ページから構成ページに移動することもできます。ユーザーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、ユーザーへのリンクをクリックします。

ユーザーまたはエンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [ユーザー (Customer)] をクリックし、次の設定を構成することができます。

次の設定を構成できます。

  • [ユーザーの機能 (Customer Capabilities)]:選択したユーザーがアクセス、構成、変更できる設定を有効または無効にします。ユーザー機能の構成を参照してください。
  • [セキュリティ ポリシー (Security Policy)]:Edge から Edge への IPsec トンネルを作成するときに、既存のセキュリティ ポリシーを更新することを選択します。セキュリティ ポリシーの構成を参照してください。
  • [分析の構成 (Analytics Configuration)]:オペレータ スーパー ユーザーとオペレータ標準管理者が既存の SD-WAN ユーザーの分析を有効にすることを許可します。既存のカスタマーの分析を有効にするを参照してください。
    注: このオプションは、 SD-WAN Orchestrator で分析機能が有効になっている場合にのみ使用できます。詳細については、 VMware SD-WAN Orchestrator での VMware Edge Network Intelligence の有効化を参照してください。
  • [最大セグメント数 (Maximum Segments)]:構成可能なセグメントの最大数を入力します。範囲は 1 ~ 16 で、デフォルト値は 16 です。
  • [OFC のコスト計算 (OFC Cost Calculation)]:ルートのコストの計算を Edge とゲートウェイに分散して、Orchestrator のリソース使用量と負荷を軽減します。分散コスト計算の設定を参照してください。
  • [フロー パス計算あたりの複数の DSCP タグ (Multiple-DSCP tags per Flow Path Calculation)]:複数の DSCP ラベルを持つ 1 つのフローのパス計算を有効にします。フローごとに複数の DSCP ラベルを使用したパス計算の構成を参照してください。
  • [Edge NFV]:セキュリティ VNF をデプロイするために、Edge で NFV を有効にします。Edge の NFV と VNF の構成を参照してください。
  • [Edge イメージ管理 (Edge Image Management)]:エンタープライズに割り当てられた Edge ソフトウェア イメージを管理します。Edge ソフトウェア イメージの管理を参照してください。
  • [ゲートウェイ プール (Gateway Pool)]:エンタープライズに割り当てるゲートウェイ プールを選択します。Gateway プールの関連付けを参照してください。
  • [その他の設定 (Other Settings)]:このオプションは、[ユーザー契約書 (User Agreement)] オプションを有効にしている場合にのみ使用できます。ユーザー契約書のデフォルトの表示設定を上書きするには、[ユーザー契約書の表示 (User Agreement Display)] ドロップダウン リストから該当するオプションを選択します。デフォルトでは、ユーザーは [システム プロパティ (System Properties)] で設定されている表示モードを継承します。詳細については、ユーザー契約書の管理を参照してください。

構成に変更を加えた後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。