[イベント (Events)] ページには、SD-WAN Orchestrator によって生成されたイベントが表示されます。これらのイベントは、システムの運用ステータスを判断するのに役立ちます。

[イベント (Events)] ページを表示するには、次の手順を実行します。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、ウィンドウの上部にある [新しい Orchestrator UI を開く (Open New Orchestrator UI)] オプションをクリックします。
  2. ポップアップ ウィンドウで [新しい Orchestrator UI を起動 (Launch New Orchestrator UI)] をクリックします。ユーザー インターフェイスが新しいタブで開きます。
  3. [監視 (Monitor)] > [イベント (Events)] をクリックします。

結果

[イベント (Events)] ページには、イベントのリストが表示されます。

選択した期間のイベントを表示するには、ドロップダウン リストから特定の期間を選択します。イベント名へのリンクをクリックすると、詳細が表示されます。

特定のイベントに関する詳細を表示するには、フィルタ オプションを使用します。[検索 (Search)] オプションの [フィルタ (Filter)] アイコンをクリックして、条件を定義します。

[CSV] オプションをクリックして、イベントのレポートを CSV 形式でダウンロードします。

[イベント (Events)] ウィンドウに次の詳細が表示されます。

オプション 説明
イベント (Event) イベントの名前
ユーザー (User) ユーザーに関連するイベントのユーザーの名前。
セグメント (Segment) セグメントに関連するイベントのセグメントの名前。
Edge Edge に関連するイベントの Edge の名前。
重要度 (Severity) イベントの重要度。使用可能なオプションは、[アラート (Alert)]、[重大 (Critical)]、[デバッグ (Debug)]、[緊急 (Emergency)]、[エラー (Error)]、[情報 (Info)]、[通知 (Notice)]、[警告 (Warning)] です。
時刻 (Time) イベントの日付と時刻。
メッセージ (Message) イベントの簡単な説明。