構成済みの Non SD-WAN Destination を、VPN Gateway、サイト サブネット、およびその他の構成の詳細とともに表示できます。

構成済みの Non SD-WAN Destination を表示するには、次の手順を実行します。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、ウィンドウの上部にある [新しい Orchestrator UI を開く (Open New Orchestrator UI)] オプションをクリックします。
  2. ポップアップ ウィンドウで [新しい Orchestrator UI を起動 (Launch New Orchestrator UI)] をクリックします。ユーザー インターフェイスが新しいタブで開きます。
  3. [監視 (Monitor)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] をクリックします。[Gateway 経由の Non SD-WAN Destination (Non SD-WAN Destinations via Gateway)] タブが表示されます。

結果

[Gateway 経由の Non SD-WAN Destination (Non SD-WAN Destinations via Gateway)] タブには、すでに構成されている Non SD-WAN Destination の詳細が表示されます。Gateway 経由の Non SD-WAN Destination を構成するには、Non SD-WAN Destination の構成を参照してください。

ページには、Non SD-WAN Destination の名前、パブリック IP アドレス、Non SD-WAN Destination のステータス、トンネルのステータス、Non SD-WAN Destination を使用するプロファイルと Edge の数、および最終接続日時についての詳細が表示されます。

各列のヘッダーをクリックして、レポートを並べ替えることもできます。ヘッダーの横に表示される [フィルタ (Filter)] アイコンを使用して、特定の名前、IP アドレス、またはステータスで詳細をフィルタリングできます。

Non SD-WAN Destination をクリックして、下部のパネルに次の詳細を表示します。

  • [全般 (General)]:プライマリおよびセカンダリ VPN Gateway の名前、タイプ、IP アドレス、トンネル設定、場所の詳細、およびサイトのサブネットの詳細を表示します。
  • [IKE/IPSec 設定 (IKE/IPSec Configuration)]:タブをクリックすると、プライマリおよびセカンダリ VPN Gateway のサンプル構成テンプレートが表示されます。テンプレートをコピーし、要件に従って設定をカスタマイズできます。
  • [イベント (Events)]:タブをクリックすると、選択した Non SD-WAN Destination に関連するイベントが表示されます。最初の列に表示される矢印をクリックすると、イベントの詳細が表示されます。