IPsec トンネル経由で SD-WAN Gateway の BFD 設定を構成できます。

Gateway の BFD 設定を構成するには、次の手順を実行します。

前提条件

次の項目を構成していることを確認してください。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] をクリックします。
  2. [Gateway 経由の Non SD-WAN Destination (Non SD-WAN Destinations via Gateway)] 領域で、Non SD-WAN Destination に対応する [BFD] 列にある [編集 (Edit)] リンクをクリックします。
  3. [BFD エディタ (BFD Editor)] ウィンドウで、スライダを [オン (ON)] の位置にクリックして、プライマリ Gateway およびセカンダリ Gateway の BFD 設定を構成します。
    注: セカンダリ Gateway オプションは、対応する Non SD-WAN Destination のセカンダリ Gateway を構成している場合にのみ使用できます。
    1. [ピア アドレス (Peer Address)] - BFD セッションを開始するリモート ピアの IP アドレスを入力します。
    2. [ローカル アドレス (Local Address)] - ピア リスナーのローカルに構成された IP アドレスを入力します。このアドレスは、パケットの送信に使用されます。
    3. [マルチホップ (Multihop)] – このオプションは Gateway ではサポートされていません。
    4. [検出までの回数 (Detect Multiplier)] - 検出時間の乗数を入力します。リモート転送間隔は、この値を乗算して、接続損失の検出タイマーを決定します。範囲は 3 ~ 50 で、デフォルト値は 3 です。
    5. [受信間隔 (Receive Interval)] - システムが BFD ピアから制御パケットを受信できる最小時間間隔をミリ秒単位で入力します。範囲は 300 ~ 60,000 ミリ秒で、デフォルト値は 300 ミリ秒です。
    6. [送信間隔 (Transmit Interval)] - ローカル システムが BFD 制御パケットを送信できる最小時間間隔をミリ秒単位で入力します。範囲は 300 ~ 60000 ミリ秒で、デフォルト値は 300 ミリ秒です。
    注: BFD は、VTP トンネルでのみサポートされます。