SD-WAN Edge のルーティング インターフェイス上で、DHCP サーバを構成できます。

DHCP サーバ設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] をクリックします。
  2. Edge の横の [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge へのリンクをクリックしてから [デバイス (Device)] タブをクリックします。
  3. [デバイス設定 (Device Settings)] セクションまで下にスクロールして、下矢印をクリックして Edge の [インターフェイス設定 (Interface Settings)] を表示します。
  4. [インターフェイス設定 (Interface Settings)] セクションには、Edge で使用可能な既存のインターフェイスが表示されます。
  5. DHCP 設定を構成するルーティング インターフェイスの [編集 (Edit)] オプションをクリックします。

  6. [IPv4 設定 (IPv4 Settings)] セクションで、[アドレス指定のタイプ (Addressing Type)] として [スタティック (Static)] を選択し、Edge インターフェイスと Gateway の IP アドレスを入力します。
  7. [DHCP サーバ (DHCP Server)] セクションで、次のいずれかの DHCP 設定を選択します。
    • [有効 (Enabled)]:Edge を DHCP サーバにして DHCP を有効にします。次の詳細を構成します。
      • [DHCP 先頭 IP アドレス (DHCP Start)]:サブネット内で使用可能な有効な IP アドレスを入力します。
      • [アドレスの数 (Num. Addresses)]:DHCP サーバのサブネットで使用可能な IP アドレスの数を入力します。
      • [リース時間 (Lease Time)]:ドロップダウン リストから期間を選択します。VLAN が DHCP サーバによって動的に割り当てられた IP アドレスを使用できる期間です。
      • [オプション (Options)]:ドロップダウン リストから事前定義済みまたはカスタムの DHCP オプションを追加します。DHCP オプションは、DHCP サーバからクライアントに渡されるネットワーク サービスです。カスタム オプションには、コード、データ タイプ、および値を入力します。
    • [リレー (Relay)]:リモートの場所にインストールされた DHCP リレー エージェントを使用して DHCP を有効にします。このオプションを選択した場合は、次の設定を構成します。
      • [リレー エージェントの IP アドレス (Relay Agent IP(s))]:リレー エージェントの IP アドレスを指定します。さらに IP アドレスを追加するには、プラス ([+]) アイコンをクリックします。
    • [無効 (Disabled)]:DHCP を無効にします。

[インターフェイス設定 (Interface Settings)] 画面のその他のオプションの詳細については、インターフェイス設定の構成を参照してください。

注: 詳細については、 トンネルのオーバーヘッドと MTUも参照してください。