Edge のループバック インターフェイスを構成するには、次の手順を実行します。

前提条件

ループバック インターフェイスを構成する前に考慮する必要があるルールと注意事項については、ループバック インターフェイス - 制限事項を参照してください。

手順

  1. VMware SD-WAN Orchestrator にログインし、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] に移動します。
  2. ループバック インターフェイスを構成する Edge の横にある [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge リンクをクリックして、[デバイス (Device)] タブに移動します。
  3. [ループバック インターフェイスの構成 (Configure Loopback Interfaces)] 領域まで下にスクロールして、[ループバックの追加 (Add Loopback)] をクリックします。
  4. [ループバックの追加 (Add Loopback)] モーダル ポップアップで、必要なループバック設定を構成します。詳細については、ループバック インターフェイス - フィールド リファレンスを参照してください。
  5. [ループバックの追加 (Add Loopback)] をクリックします。
  6. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。

結果

ループバック インターフェイスは、 [ループバック インターフェイスの構成 (Configure Loopback Interfaces)] 領域に一覧表示されます。

[CIDR プレフィックス (CIDR Prefix)][インターフェイス ID (Interface ID)] を除いて、いつでもループバック インターフェイス設定を編集できます。

ループバック インターフェイスを削除すると、ループバック インターフェイスを選択したすべてのサービスの [送信元インターフェイス (Source Interface)] フィールドが [自動 (Auto)] にリセットされます。

さらに、さまざまなサービスの [送信元インターフェイス (Source Interface)][自動 (Auto)] にリセットされる次の 2 つのシナリオがあります。
  • Edge にループバック インターフェイス ID が見つからない場合。
  • 古いバージョンの API を使用して Edge を構成している場合、Edge がサービスの送信元 IP アドレスのキーを受け取らないことがあります。
任意のサービスの [送信元インターフェイス (Source Interface)] フィールドが [自動 (Auto)] に設定されている場合、Edge は、次の基準に基づいて送信元インターフェイスを選択します。
  • 広報される非 WAN インターフェイスが優先されます。
  • 広報される非 WAN インターフェイスの中で、送信元インターフェイスの選択は、ループバック インターフェイス、VLAN インターフェイス、またはルーティング インターフェイスの優先順位に基づいています。
  • 複数の同じタイプのインターフェイスが構成および広報されている場合は、インターフェイス ID が最も小さいインターフェイスが選択されます。

    たとえば、2 つのループバック インターフェイス(LO3 と LO4)、1 つの VLAN インターフェイス (VLAN2)、および 2 つのルーティング インターフェイス(GE1 および Ge2)が構成および広報され、任意のサービスの [送信元インターフェイス (Source Interface)] フィールドが [自動 (Auto)] に設定されている場合、Edge は送信元インターフェイスとして LO3 を選択します。

次のタスク

Edge のループバック インターフェイスを構成すると、次のサービスの送信元インターフェイスとしてインターフェイスを選択できます。
サービス/設定 詳細の参照先
Orchestrator 管理トラフィック (Orchestrator Management Traffic) Edge の Orchestrator 管理トラフィックの構成
認証設定 (Authentication Settings) 認証設定の構成
DNS 設定 (DNS Settings) DNS 設定の構成
NetFlow 設定 (Netflow Settings) Edge の NetFlow 設定の構成
Syslog 設定 (Syslog Settings) Edge の Syslog 設定の構成
BGP 設定 (BGP Settings) Edge からアンダーレイ ネイバーへの BGP の構成
NTP 設定 (NTP Settings) Edge の NTP 設定の構成
注:

Edge がトラフィックを送信するとき、パケット ヘッダーには選択した送信元インターフェイスの IP アドレスが含まれますが、パケットは宛先ルートに基づいて任意のインターフェイスを介して送信できます。