[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ページには、ネットワーク内のすべてのルートの概要ビューが表示されます。

4.3 リリースでは、NSD ルートの分類用に新しい NSD バケットが導入されました。新しい NSD バケットの設定ロジックは、[NSD ポリシーの使用 (Use NSD policy)][分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] とともに有効になっている場合にのみ適用されます。[NSD ポリシーの使用 (Use NSD policy)] は、[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にした後でのみ有効にできます。

Edge、ハブ、Partner Gateway、および Edge/Gateway 経由の Non SD-WAN Destination のグローバル ルーティング設定と広報アクションを表示および編集できます。

エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] をクリックします。

[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ページには、次の詳細情報が表示されます。

オプション 説明
優先 VPN 出口 (Preferred VPN Exits) トラフィックをルーティングする宛先の優先順位を表示します。
グローバル広報フラグ (Global Advertise Flags) スタティック ルート、接続ルート、内部ルート、外部ルート、およびアップリンク ルートの広報アクションを表示します。
  • [編集 (Edit)] - クリックして優先順位と広報アクションを更新します。グローバル ルーティング設定の構成を参照してください。
  • [ルートの更新 (Refresh Routes)] - このオプションは、オペレータによって [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] が有効になっている場合にのみ使用できます。デフォルトでは、Orchestrator は動的ルートの学習にアクティブに関与しています。Edge と Gateway は、Orchestrator を使用して初期ルート設定を計算し、その結果を Edge および Gateway に戻します。[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] 機能を使用すると、ルートのコスト計算を Edge および Gateway に分散できます。

    [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] の詳細については、『VMware SD-WAN オペレータ ガイド』の「[分散コスト計算の構成]」セクションを参照してください。この文書は https://docs.vmware.com/jp/VMware-SD-WAN/index.html で入手できます。

    注: [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にするには、サポート パートナーに確認してください。 VMware によって直接サポートされている場合は、 サポート チームに連絡してください

    [ルートの更新 (Refresh Routes)] をクリックすると、Edge と Gateway は学習されたルート コストを再計算し、その結果を Orchestrator に送信します。また、[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] の変更は、新しいルートおよび既存の学習済みルートに即座に適用されます。

    ルートを更新すると、カスタマー エンタープライズはネットワークに次のような影響を与えます。

    • すべてのローカルの動的ルートが更新され、これらのルートの設定および広報アクションが更新されます。この更新された情報は、Gateway、Orchestrator、および最終的にエンタープライズ全体に広報されます。これにより、ルーティング テーブルが更新されます。そのため、すべてのサイトのトラフィックに一時的な影響があります。
    • これらのルートを使用している既存のフローは、ルーティング エントリの変更の影響を受ける可能性があります。
    注: カスタマー エンタープライズへの影響を最小限に抑えるため、 [ルートの更新 (Refresh Routes)] はメンテナンス ウィンドウで使用することをお勧めします。

[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ウィンドウの下部に、サブネットが表示されます。サブネットの優先する宛先に優先順位を付け、学習したルート設定を固定または固定解除できます。詳細については、サブネットの構成を参照してください。