パスは、2 つのエンドポイント間のトンネルです。パスの可視性は、Edge とその SD-WAN ピアの間のパスの使用率と品質に関するレポートです。SD-WAN Orchestrator によって、エンタープライズ ユーザーは監視ダッシュボードを使用してパスの可視性を監視できます。

Edge に接続されている SD-WAN ピアのパス情報を監視できます。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、ウィンドウの上部にある [新しい Orchestrator UI を開く (Open New Orchestrator UI)] オプションをクリックします。
  2. ポップアップ ウィンドウで [新しい Orchestrator UI を起動 (Launch New Orchestrator UI)] をクリックします。ユーザー インターフェイスが新しいタブで開きます。
  3. [監視 (Monitor)] > [Edge (Edges)] の順にクリックして、エンタープライズに関連付けられている Edge を表示します。
  4. Edge へのリンクをクリックし、[パス (Paths)] タブをクリックします。

結果

[パス (Paths)] タブには、選択した Edge に接続されている SD-WAN ピアの詳細が表示されます。
注: [パス (Paths)] タブは、ソフトウェア イメージ バージョン 4.0 以降の Edge でのみ使用できます。

ページの上部から特定の期間を選択して、Edge のパス情報を表示できます。

SD-WAN ピアの CSV 形式のレポートを取得するには、SD-WAN ピアを選択し、[パスの統計情報の出力 (Export Path Statistics)] をクリックします。

対応するパスの次の詳細を表示するには、SD-WAN ピアへのリンクをクリックします。

  • 選択期間内にパスが確立されているすべての SD-WAN ピア
  • 選択したピアで使用可能なパスのステータス
  • 選択したピアのビデオ、音声、トランザクション トラフィックについてのパスの全体的な品質スコア
  • スループット、遅延、パケット ロス、ジッターなどのメトリックによる各パスの時系列データ。パラメータの詳細については、Edge の監視を参照してください。

メトリックの時系列データはグラフ形式で表示されます。一度に最大 4 つのパスを選択して詳細を表示できます。

グラフの上にマウスを置くと、さらに詳細が表示されます。

ドロップダウン リストからメトリックを選択して、対応するグラフィック情報を表示できます。デフォルトでは、[Y 軸を均等にスケーリング (Scale Y-axis evenly)] チェックボックスが有効になっています。このオプションは、チャートの間で Y 軸を同期します。必要な場合、このオプションを無効にできます。

上部の [品質スコア (Quality Score)] ペインの下矢印をクリックして、トラフィック タイプ別のパス スコアを表示します。

左側のペインに表示されている SD-WAN ピアをクリックして、対応するパスの詳細を表示できます。