エンタープライズ管理者は、Edge レベルで、[Edge 固有設定の上書きを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにして、[プロファイル (Profile)] で指定されている NTP (Network Time Protocol) 設定を上書きすることができます。デフォルトでは、Edge レベルでは NTP サーバが無効になっています。

Edge レベルで NTP 設定をオーバーライドするには、次の手順を実行します。

前提条件

NTP には、次の前提条件があります。

  • クライアントの NTP サーバとして機能するように SD-WAN Edge を構成するには、最初にプライベート NTP サーバを定義して、Edge の独自の NTP タイム ソースを設定する必要があります。

手順

  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動します。
  2. NTP をオーバーライドする Edge を選択し、[デバイス (Device)] 列の下にあるアイコンをクリックします。
    選択した Edge の [デバイス設定 (Device Settings)] ページが表示されます。
  3. [NTP] 領域に移動し、[Edge 固有設定の上書きを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにします。
  4. [送信元インターフェイス (Source Interface)] ドロップダウン メニューから、セグメントで構成されている Edge インターフェイスのいずれかを送信元インターフェイスとして選択します。
    注:

    Edge がトラフィックを送信するとき、パケット ヘッダーには選択した送信元インターフェイスの IP アドレスが含まれますが、パケットは宛先ルートに基づいて任意のインターフェイスを介して送信できます。

  5. プロファイルの NTP 設定の構成の手順 3 と手順 4 に従って、Edge に関連付けられているプロファイルで指定されているその他の NTP 設定をオーバーライドします。
  6. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。Edge の NTP 設定がオーバーライドされます。

次のタスク

すべての Edge のログ ファイルのタイムスタンプが同期されれば、デバッグとトラブルシューティングがはるかに容易になります。Edge で NTP Dump リモート診断テストを実行して、NTP 診断ログを収集できます。Edge でリモート診断テストを実行する方法の詳細については、リモート診断を参照してください。