[スタティック ルート設定 (Static Route Settings)] は、既存ネットワークに接続されるデバイス(プリンタなど)にスタティック ルートが必要になる特別なケースに役立ちます。ダイアログ ボックスの右側にあるアイコンを使用して、スタティック ルート設定を追加(プラス記号 [+] アイコン)または削除(マイナス記号 [-] アイコン)することができます。

4.3 リリースでは、NSD スタティック ルートの構成オプションが導入されています。 [Edge (Edges)] > [デバイス設定 (Device Settings)] > [スタティック ルート (Static Routes)] には、ルートの広報、優先フラグ、およびコストを制御するオプションがあります。追加のフラグを編集するオプションは SD-WAN Edge の [デバイス設定 (Device Settings)] ページで利用できますが、NSD スタティック ルートは、[ネットワーク サービス (Network Services)] ページで、Edge/Gateway 経由の Non SD-WAN Destination を介して構成されます。以下の図に示すように、[ネットワーク サービス (Network Services)] ページで構成された NSD 静的サブネットは、[デバイス設定 (Device Settings)] ページの個々の SD-WAN Edge の [スタティック ルート設定 (Static Route Settings)] 領域に自動的に一覧表示されます。また、以下の図に示すように、[Gateway] 列は、Gateway 経由の NSD スタティック ルートの [NSD ルート (NSD Routes)] 領域でのみ更新されます。
注: 広報フラグは、Gateway からの NSD スタティック ルートでは編集できません。

スタティック ルートの設定を指定するには、次の手順を実行します。

  1. ルートのサブネットを入力します。
  2. ルートの IP アドレスを入力します。
  3. スタティック ルートをバインドする WAN インターフェイスを選択します。
  4. このルートを VPN 経由でアドバタイズし、ネットワーク内の他の Edge からこのリソースへのアクセスを許可するには、[ブロードキャスト (Broadcast)] チェックボックスをオンにします。
  5. 必要な場合は、ルートの説明を追加します。