[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ウィンドウで、サブネット内の学習されたルートの宛先の優先順位を更新できます。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] をクリックします。
  2. [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ウィンドウの下部に、サブネットが次の詳細情報とともに表示されます。
    オプション 説明
    変更 (Modify) サブネットを編集するオプションが表示されます。このオプションには、対応するルートを学習した Edge および Gateway の数を示す上付き番号が表示されます。
    セグメント (Segment) セグメント名。
    サブネット (Subnet) ルートが対応するネットワークが、ルートを学習した Edge のリストとともに表示されます。
    優先 VPN 出口 (Preferred VPN Exits) 別のブランチがサブネットにアクセスできるルート。
    ルート タイプ (Route Type) ルートがどのように学習されたのか(スタティックまたは接続されたネットワーク経由のいずれか)を表示します。
    最終更新日時 (Last Update) 優先 VPN 出口の最終更新日時。
    作成日 (Created On) ルートが作成された日時。
    1 つ以上のサブネットを選択し、 [アクション (Actions)] をクリックして次のアクティビティを実行します。
    • [サブネットの編集 (Edit Subnet)] - 優先する宛先を変更し、優先順位を付けます。
    • [学習したルート設定を固定 (Pin Learned Route Preference)] - 選択した学習済みルートの設定を固定します。
    • [学習したルート設定をリセット (Reset Learned Route Preference)] - 選択した学習済みルートの設定をデフォルト設定にリセットします。
  3. サブネットの [編集 (Edit)] オプションをクリックして、優先する宛先の優先順位を変更します。
    1. [サブネット (Subnet)] ウィンドウで、宛先を [対象 VPN 出口 (Eligible VPN Exits)] から [優先 VPN 出口 (Preferred VPN Exits)] に移動できます(その逆の移動も可能)。
    2. [優先 VPN 出口 (Preferred VPN Exits)] パネルで、[上向き]および[下向き]矢印をクリックして優先順位を変更し、[保存 (Save)] をクリックします。
    3. 使用可能なピン留めルートがある場合は、サブネットのコスト計算をリセットできます。[リセット (Reset)] をクリックすると、Orchestrator はピン留めされたルートをクリアし、ポリシーに基づいて選択したサブネットのコストを再計算し、結果を Edge と Gateway に送信できます。
      注: [リセット (Reset)] オプションは、[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] が有効な場合にのみ使用できます。

      分散コスト計算の詳細については、『VMware SD-WAN オペレータ ガイド』の「[分散コスト計算の構成]」セクションを参照してください。この文書は https://docs.vmware.com/jp/VMware-SD-WAN/index.html で入手できます。