エンタープライズ向けに構成されたクラウド セキュリティ サービス (CSS) の詳細を表示できます。

クラウド セキュリティ サービス サイトを監視するには、次の手順を実行します。

  1. エンタープライズ ポータルで、[監視 (Monitor)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] をクリックします。[ネットワーク サービス (Network Services)] ページが表示されます。
  2. [クラウド セキュリティ サービス サイト (Cloud Security Services Sites)] 領域に移動します。

    [クラウド セキュリティ サービス サイト (Cloud Security Services Sites)] テーブルには、エンタープライズ用に構成されたすべての CSS と、次の構成の詳細が表示されます。

    フィールド 説明
    名前 (Name) CSS プロバイダの名前。
    パブリック IP アドレス (Public IP) CSS プロバイダのパブリック IP アドレス。
    状態 (Status) CSS プロバイダの全体的な状態:
    • 白色:次の 2 つの状態を示します。
      • ALL_STANDBY:CSS プロバイダに関連付けられているすべてのトンネルが STANDBY モードの場合、CSS プロバイダはこの状態になります。
      • UNKNOWN:CSS プロバイダの全体的な状態が不明な場合、CSS プロバイダはこの状態になります。
    • 緑色:CSS プロバイダに関連付けられているすべてのトンネルが UP の場合、CSS プロバイダは ALL_UP 状態になります。
    • 赤色:CSS プロバイダに関連付けられているすべてのトンネルが DOWN の場合、CSS プロバイダは ALL_DOWN 状態になります。
    • 琥珀色:CSS プロバイダに関連付けられているトンネルが部分的に UP、DOWN、または STANDBY モードの場合、CSS プロバイダは PARTIAL 状態になります。
    トンネルの状態 (Tunnel Status) さまざまな Edge の CSS プロバイダから作成されたトンネルの状態:
    • 白色:次の 2 つの状態を示します。
      • UNKNOWN:トンネルが確立されていない場合、トンネルはこの状態になります。
      • DISABLED:トンネルが無効化されている場合、トンネルはこの状態になります。
    • 灰色:CSS プロバイダに関連付けられているトンネルは STANDBY モードです。
    • 緑色:次の 2 つの状態を示します。
      • ALL_UP:CSS プロバイダに関連付けられているすべてのトンネルが UP 状態です。
      • UP:CSS プロバイダに関連付けられている特定のトンネルが UP 状態です。
    • 赤色:次の 2 つの状態を示します。
      • ALL_DOWN:CSS プロバイダに関連付けられているすべてのトンネルが DOWN 状態です。
      • DOWN:CSS プロバイダに関連付けられている特定のトンネルが DOWN 状態です。
      注: [トンネルの状態 (Tunnel Status)] アイコンと [サービスの状態 (Service Status)] アイコンに表示される数字は、それぞれの CSS プロバイダのその状態に関連付けられている Edge の数を示します。
    サービスの状態 (Service Status) 各 Edge によって記録された外部サービスの状態:
    • 緑色:外部サービスのレイヤー 7 (L7) 健全性の状態は UP です。
    • 赤色:外部サービスの L7 健全性の状態は DOWN です。
    • 琥珀色:外部サービスの L7 健全性の状態は DEGRADED です。
    • 灰色:外部サービスの L7 健全性の状態は UNKNOWN です。
    状態遷移時刻 (State Changed Time) 状態遷移が発生した日時。
    イベント (Events) 関連する状態遷移イベントの数。
    展開状態 (Deployment Status) CSS プロバイダの展開状態。
  3. [イベント (Events)] 列のリンクをクリックして、関連する状態変更イベントを表示します。
  4. [展開状態 (Deployment Status)] 列のリンクをクリックすると、CSS プロバイダの展開状態が表示されます。
    Edge アクションには、次の 7 つの異なる状態があります。
    • [場所の保留中 (Pending Location)]:Zscaler の場所が作成されるまで、Edge アクションはこの状態になります。この状態は、サブロケーションの Edge アクションにのみ適用されます。
    • [保留中 (Pending)]:バックエンド ワーカー プロセスによって選択され、作業が開始されるのを待機する間、Edge アクションはこの状態になります。
    • [通知済み (Notified)]:バックエンド ワーカー プロセスによって選択され、作業が開始されると、Edge アクションはこの状態になります。
    • [完了 (Completed )]:Edge アクション タスクが正常に完了すると、Edge アクションはこの状態になります。
    • [エラー (Errored)]:エラーが発生すると、Edge アクションはこの状態になります。
    • [タイムアウト (Timed Out)]:Edge アクション タスクを完了するのに予想よりも時間がかかった場合、Edge アクションはこの状態になります。
    • [削除の保留中 (Pending Delete)]:削除を保留中の場合、Edge アクションはこの状態になります。
  5. イベントの詳細を表示するには、[詳細 (Details)] をクリックします。
次のスクリーンショットのサンプルに示すように、 [監視 (Monitor)] > [Edge (Edges)] メニューからクラウド セキュリティ サービスのレイヤー 7 (L7) 健全性チェックの統計情報を表示することもできます。