Edge は、関連付けられたプロファイルから構成を継承します。指定した Edge の設定を上書きすることを選択できます。

新しい Orchestrator ユーザー インターフェイスを使用して Edge を管理することができます。

  1. エンタープライズ ポータルで、ウィンドウの上部にある [新しい Orchestrator UI を開く (Open New Orchestrator UI)] オプションをクリックします。
  2. ポップアップ ウィンドウで [新しい Orchestrator UI を起動 (Launch New Orchestrator UI)] をクリックします。
  3. ユーザー インターフェイスが監視および構成オプションを表示する新しいタブで開きます。

新しい Orchestrator ユーザー インターフェイスで、[構成 (Configure)] タブをクリックします。

注: [構成 (Configure)] タブは、オペレータがオプションを有効にしている場合にのみ使用できます。タブを利用できない場合、オペレータに問い合わせてください。
  1. [構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順にクリックします。
  2. [Edge (Edges)] ページには、既存の Edge と次の詳細が表示されます。
    オプション 説明
    名前 (Name) Edge の名前。Edge の構成を変更するには、Edge へのリンクをクリックします。新しい Orchestrator UI を使用した Edge の構成を参照してください。
    証明書 (Certificates) Edge の現在および期限切れの証明書。
    プロファイル (Profile) Edge に割り当てられたプロファイル。プロファイルの構成を変更するには、プロファイルへのリンクをクリックします。新しい Orchestrator UI を使用したプロファイルの構成を参照してください。
    オペレータ プロファイル (Operator Profile)

    Edge に関連付けられたオペレータ プロファイルの名前。この列は、オペレータ ユーザーのみが使用できます。オペレータ プロファイルは、カスタマーに割り当てられたテンプレートです。これには、ソフトウェア イメージ、アプリケーション マップ、Gateway の選択、および Edge の管理設定が含まれます。

    分析 (Analytics) Edge の分析の詳細。
    HA Edge に対して高可用性が有効になっているかどうかを表示します。
    デバイス (Device) [表示 (View)] リンクをクリックして、Edge の構成を変更します。新しい Orchestrator UI を使用した Edge の構成を参照してください。
    アラート (Alerts) Edge に対してカスタマー アラートが有効か無効かを表示します。
    オペレータ アラート (Operator Alerts) Edge に対してオペレータ アラートが有効か無効かを表示します。
    ソフトウェア バージョン (Software Version) Edge のソフトウェア バージョン。
    工場出荷時のソフトウェア バージョン (Factory Software Version) Edge の工場出荷時のソフトウェア バージョン。Edge は、工場からの出荷時にはデフォルトのソフトウェア バージョンで出荷されます。
    ビルド番号 (Build Number) Edge がアクティベーションされた場合の Edge のビルド番号。
    モデル (Model) Edge のモデル タイプ。
    シリアル番号 (Serial Number) Edge のシリアル番号。Edge へのシリアル番号の割り当ては任意です。シリアル番号が Edge に割り当てられていない場合、このフィールドは空白になります。
    作成日時 (Created) Edge がプロビジョニングされた日時。
    ソフトウェアの更新 (Software Updated) ソフトウェアが Edge で更新された日時。
    アクティベーション日時 (Activated) Edge がアクティベーションされた日時。
    カスタム情報 (Custom Info) Edge に関連付けられたカスタム情報。
    前回の接続 (Last Contact) Edge が前回 SD-WAN Orchestrator と通信した日時。
    Edge ライセンス (Edge License) Edge に割り当てられた Edge ライセンス。
  3. 1 台以上の Edge を選択して、次のアクティビティを実行します。

    • [プロファイルの割り当て (Assign Profile)] - 選択した Edge のプロファイルを変更できます。この操作は、Edge の既存の構成に影響します。
    • [Edge ライセンスの割り当て (Assign Edge License)] - 選択したライセンスの Edge ライセンスを変更できます。
    • [ダウンロード (Download)] - Edge の詳細を MS Excel ファイルにダウンロードします。
    • [アラートの更新 (Update Alerts)] - カスタマーに送信されたアラートを有効または無効にできます。アラートを構成するには、アラートの構成を参照してください。アラートは [監視 (Monitor)] > [アラート (Alerts)] タブで表示できます。

    [詳細 (More)] をクリックして、次の設定を構成します。

    • [オペレータ アラートの更新 (Update Operator Alerts)] - オペレータに送信されたアラートを有効または無効にできます。アラートを構成するには、アラートの構成を参照してください。アラートは [監視 (Monitor)] > [アラート (Alerts)] タブで表示できます。
      注: このオプションは、オペレータ ユーザーのみが使用できます。
    • [ローカルの認証情報 (Local Credentials)] - ローカルの認証情報を変更できます。デフォルトでは、ローカルの認証情報には、[admin] としてのデフォルトのユーザー名と、ランダムに生成されたパスワードが含まれています。
    • [Gateway の再分配 (Rebalance Gateways)] - 選択した Edge に関連付けられている Gateway を再分配します。
      注: このオプションは、オペレータ ユーザーのみが使用できます。
    • [Edge の削除 (Delete Edge)] - 選択した Edge を削除します。エンタープライズに接続されている Edge は削除できません。Edge を削除するには、シャットダウンまたは切断する必要があります。