SD-WAN Edge の BGP に BFD を構成できます。

デフォルトでは、BFD は BGP ネイバーで無効になっています。BFD セッションの更新をサブスクライブするために、BGP セッションの BFD を有効にできます。

BGP ネイバーで BFD を有効にしても BFD セッションは作成されません。BFD セッションを明示的に構成する必要があります。BFD の構成を参照してください。

次の手順では、Edge 上ですでに構成されている BGP セッションで BFD を有効にする方法について説明します。BGP 設定を構成するには、Edge からアンダーレイ ネイバーへの BGP の構成を参照してください。

Partner Gateway の BGP で BFD を有効にするには、オペレータ スーパー ユーザーである必要があります。詳細については、『VMware SD-WAN オペレータ ガイド』の [パートナー ハンドオフの構成] セクションを参照してください。

手順

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] をクリックします。
  2. プロファイルの [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、プロファイルを選択して [デバイス (Device)] タブをクリックします。
  3. [デバイス (Device)] タブで、[BGP 設定 (BGP Settings)] セクションまでスクロールし、[編集 (Edit)] をクリックします。
  4. [BGP エディタ (BGP Editor)] ウィンドウで、BGP ネイバーの [その他のオプション (Additional Options)] 列で [すべてを表示 (view all)] をクリックし、[BFD の有効化 (Enable BFD)] チェックボックスをオンにします。4.3 リリースの NSD ネイバーを含む複数の BGP ネイバーに対して BFD サブスクリプションを有効にできます。注:4.3 リリースでは、マルチホップは NSD BGP ネイバーのマルチホップ BFD として構成する必要があります。NSD ネイバーの詳細については、Non SD-WAN ネイバーを使用した BGP の構成というタイトルのセクションを参照してください。
    注: シングルホップ BFD セッションは、SD-WAN Edge からの BGP over IPsec ではサポートされていません。
  5. 必要に応じてその他の設定を構成し、[OK] をクリックします。

結果

プロファイルの BGP 設定で BFD を有効にすると、設定はプロファイルに関連付けられている Edge に自動的に適用されます。必要に応じて、特定の Edge の構成を次のようにオーバーライドできます。

  1. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] をクリックします。
  2. Edge の横の [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge へのリンクをクリックしてから [デバイス (Device)] タブをクリックします。
  3. [デバイス (Device)] タブで、[BGP 設定 (BGP Settings)] セクションまでスクロールします。

  4. [Edge 固有設定の上書きを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにすると、選択した Edge の BGP 設定を変更できます。

BGP ネイバーが BFD セッションが停止している更新を受信すると、対応する BGP セッションがすぐに停止します。また、BGP ピア経由で学習したルートはキープアライブ タイマーの期限切れを待たずにフラッシュされます。