Gigabit Passive Optical Network (GPON) は、ファイバー分散ネットワークで受動スプリッタを使用するポイントツーマルチポイント アクセス ネットワークであり、プロバイダからの 1 本の光ファイバーを使用して複数の家庭や小規模な企業にサービスを提供します。GPON は、トリプルプレイ サービス、広帯域幅、長距離(最大 20 km)をサポートしています。

GPON には、ユーザー間で共有される 2.488 Gb/s のダウンストリーム容量と 1.244 Gbps/s のアップストリーム容量があります。暗号化は、各ユーザーのデータをプライベートかつセキュアに保つために使用されます。ほかのテクノロジーを使用してファイバーを家庭に供給することも可能ですが、一般に、GPON などの受動光ネットワーク (PON) は広範な展開のための最も強力な候補と考えられています。

GPON のサポート

GPON は、ブロードバンド サービスの要件を満たすために次の機能をサポートしています。
  • より長い転送距離:光ファイバーの転送媒体は、アクセス層で最大半径 60 km の範囲をカバーし、ツイスト ペア転送の転送距離と帯域幅の問題を解決します。
  • より高い帯域幅:各 GPON ポートは、ダウンストリーム方向で 2.5 Gbit/s、アップストリーム方向で 1.25 Gbit/s の最大転送速度をサポートでき、ハイビジョン テレビ (HDTV)、中継放送 (OB) などの高帯域幅サービスの使用要件を満たします。
  • フル サービスにおけるユーザー エクスペリエンスの向上:柔軟な QoS の測定では、ユーザーおよびユーザー サービスに基づくトラフィック制御をサポートし、さまざまなユーザーに対して差別化されたサービス プロビジョニングを実装します。
  • 低コストでより高いリソース使用率:GPON は最大 1:128 の分割比をサポートします。CO 機器室からのフィーダー ファイバーは、最大 128 のドロップ ファイバーに分割できます。これにより、ファイバー リソースと O&M コストが節約されます。

SD-WAN Orchestrator からの GPON ONT の構成

特定の GPON モジュールが接続されている SFP インターフェイスをクリックします。SFP が接続されると、SD-WAN Orchestrator[デバイス設定 (Device Settings)] 領域にスロット名が SFP1 および SFP2 として表示されます。

SD-WAN Orchestrator から GPON ONT SFP を構成するには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] に移動し、[6X0 Edge] を選択します。
  2. [デバイス (Device)] タブをクリックし、6X0 Edge の [デバイス設定 (Device Settings)] までスクロールします。
  3. 上の図に示すように、SFP(SFP1 または SFP2)インターフェイスの [アクション (Actions)] 列にある [編集 (Edit)] リンクをクリックします。

    6X0 Edge デバイスのインターフェイス ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. GPON 設定を構成するには、[インターフェイス設定の上書き (Override Interface)] チェックボックスをオンにする必要があります。
  5. [インターフェイスが有効 (Interface Enabled)] チェックボックスをオンにします。
    注: この手順は、特に GPON を構成するためのものです。6X0 Edge デバイスのインターフェイス ダイアログ ボックスのすべての項目の詳細については、 インターフェイス設定の構成を参照してください。
  6. [SFP 設定 (SFP Settings)] 領域で、次の図に示すように [SFP モジュール (SFP Module)] として [GPON] を選択します。

  7. [GPON 設定 (GPON Settings)] 領域で、[サブスクライバの場所 ID モード (Subscriber Location ID Mode)] を入力します(サブスクライバの場所 ID は、最大 10 文字の ASCII 文字または最大 20 文字の 16 進数にすることができます。サブスクライバの場所 ID モード「ASCII 」では、最大 10 文字の ASCII 文字を使用できます。サブスクライバの場所 ID モード「HEX」では、最大 20 文字の 16 進数を使用できます)。
  8. [GPON 設定 (GPON Settings)] 領域で、[サブスクライバの場所 ID (Subscriber Location ID)] を入力します。
  9. [SFP1 の更新 (Update SFP1)] ボタンをクリックします。

ローカル ユーザー インターフェイスから GPON ONT SFP を構成するには、次の手順を実行します。

  1. ローカル ユーザー インターフェイスで、[詳細 (Details)] [Edge の概要 (Edge Overview)] に移動します。

    次の図に示すように、[Edge の概要 (Edge Overview)] ページが表示されます。

  2. SFP インターフェイスを選択して、設定を変更します。
  3. SFP のプロパティ ページで、[SFP モジュール (SFP Module)] ドロップダウン メニューから [GPON] を選択します。(以下の図を参照。)

    [GPON 設定 (GPON Settings)] の [サブスクライバの場所 ID モード (Subscriber Location ID Mode)] および [サブスクライバの場所 ID (Subscriber Location ID)] が次の図に示すように表示されます。

  4. [サブスクライバの場所 ID モード (Subscriber Location ID Mode)] ドロップダウン メニューで、[ASCII] または [HEX] のいずれかを選択します(下の図を参照)。

  5. 該当のテキスト ボックスにサブスクライバの場所 ID を入力します。

GPON 設定のトラブルシューティング

GPON 診断テストは、6X0 デバイスでのみ使用できます。詳細については、リモート診断テストの実行を参照してください。