Azure Virtual WAN は、エンタープライズのブランチから Microsoft Azure に至るまで、最適化され自動化された仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を促進するネットワーク サービスです。Azure サブスクライバは、IP セキュリティ (IPsec) VPN 接続を介して、Azure リージョンに対応する Virtual Hub をプロビジョニングし、ブランチ(SD-WAN が有効化されている場合もいない場合もある)を接続します。

ブランチから Azure への VPN 接続を確立するために、 SD-WAN Orchestrator は Azure の基盤を活用して Azure Virtual WAN と VMware SD-WAN の統合と自動化をサポートしています。現在、次の Azure 展開オプションが VMware SD-WAN の観点からサポートされています。
  • 自動化による SD-WAN Gateway から Azure Virtual WAN ハブへの IPsec。
  • 自動化による SD-WAN Edge から Azure Virtual WAN ハブへのダイレクト IPsec。

Azure Virtual WAN SD-WAN Gateway の自動化

次の図は、SD-WAN Gateway から Azure Virtual WAN ハブへの IPsec トンネルを示しています。

Azure Virtual WAN SD-WAN Edge の自動化

次の図は、SD-WAN Edge から Azure Virtual WAN ハブへの直接の IPsec トンネルを示しています。

次のトピックでは、 SD-WAN Gateway および SD-WAN Edge 経由でブランチから Azure への VPN 接続を有効化するために SD-WAN Orchestrator と Azure を構成する手順について説明します。