マルチキャストでは、ネットワーク内の中間マルチキャスト ルーターがパケットを複製してグループのサブスクリプションに基づいて複数の受信者に届けることによって、送信元からの 1 つのみのデータ コピーを目的の一連の受信者に送信するための効率的な方法が提供されます。

マルチキャスト クライアントは、インターネット グループ管理プロトコル (IGMP) を使用して、ホストからのメンバーシップ情報をマルチキャストが有効になっているルーターおよび PIM に伝達し、マルチキャスト ルーターを介してグループ メンバーシップ情報をマルチキャスト サーバに伝達します。

config-profile-device-multicast-topology

マルチキャストのサポートには、次のものが含まれています。

  • オーバーレイとアンダーレイの両方でのマルチキャストのサポート
  • プロトコルに依存しないマルチキャスト - SD-WAN Edge でのスパース モード (PIM-SM)
  • SD-WAN Edge でのインターネット グループ管理プロトコル (IGMP) バージョン 2
  • サードパーティ ルーターで RP が有効になっているスタティック ランデブー ポイント (RP) 構成

マルチキャストは、グローバルに、またはインターフェイス レベルで有効にして構成できます。必要に応じて、Edge レベルでマルチキャスト構成を上書きできます。

マルチキャストのグローバル構成

マルチキャストをグローバルで構成するには、次の手順を実行します。

  1. VMware SD-WAN Orchestrator にログインし、[構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] に移動します。
  2. マルチキャスト設定を構成するプロファイルの横にある [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、プロファイルへのリンクをクリックして、[デバイス (Device)] タブに移動します。
  3. 下にスクロールして、[マルチキャスト設定 (Multicast Settings)] 領域に移動します。
  4. [マルチキャスト設定 (Multicast Settings)] ボタンが [オフ (Off)] 位置にある場合は、[オフ (Off)] ボタンをクリックしてマルチキャスト設定を [オン (On)] にします。

    [RP 選択 (RP Selection)] は、デフォルトで [スタティック (Static)] に設定されています。

    config-profile-device-multicast-settings
  5. [RP 選択 (RP Selection)] の該当のテキスト ボックスに RP アドレスとマルチキャスト グループを入力します([RP アドレス (RP Address)][マルチキャスト グループ (Multicast Group)] の説明については、以下の表を参照してください)。
  6. 必要に応じて、[オーバーレイで PIM を有効にする (Enable PIM on Overlay)] チェックボックスをオンにして、送信元 IP アドレスを入力します。
  7. 必要に応じて、[詳細設定 (Advanced Settings)] を指定します。それぞれの設定の説明については、以降の表を参照してください。該当のテキスト ボックスに、[Join/Prune 送信間隔 (Join/Prune Send Interval)](デフォルトは 60 秒)と [キープ アライブ タイマー (Keep Alive Timer)](デフォルトは 60 秒)の PIM タイマーを入力します。

マルチキャスト設定 (Multicast Settings)

次の表で、マルチキャスト設定について説明します。

マルチキャスト設定 説明
RP 選択 (RP Selection) デフォルトは [静的 (Static)] であり、これはサポートされているメカニズムです。
RP アドレス (RP Address) マルチキャスト グループのルート プロセッサであるデバイスの IP アドレスを入力します。
マルチキャスト グループ (Multicast Group) マルチキャスト グループを定義する IP アドレスとポート番号の範囲を入力します。ホスト デバイスがマルチキャスト グループのメンバーシップを取得すると、IP アドレスとポート番号で定義されたグループに送信されるすべてのデータ パケットを受信できます。
オーバーレイで PIM を有効にする (Enable PIM on Overlay) SD-WAN オーバーレイで PIM ピアリングを有効にします。たとえば、ブランチ SD-WAN Edge とハブ SD-WAN Edge の両方で有効にすると、PIM ピアが形成されます。デフォルトで、オーバーレイの送信元 IP アドレスはマルチキャストが有効になっているアンダーレイ インターフェイスの 1 つから取得されるので、デフォルトのままにしておくことをお勧めします。[送信元 IP アドレス (Source IP Address)] を指定して、送信元 IP アドレスを変更することを選択できます。この IP アドレスは、仮想アドレスであり、オーバーレイを介して自動的に広報されます。
PIM タイマー (PIM Timers)
Join/Prune 送信間隔 (Join Prune Send Interval) Join/Prune インターバル タイマー。デフォルト値は 60 秒です。
キープ アライブ タイマー (Keep Alive Timer) PIM キープ アライブ タイマー。デフォルト値は 60 秒です。

Edge レベルでのマルチキャスト設定の構成

Edge のマルチキャスト設定を上書きするには、次の手順を実行します。
  1. VMware SD-WAN Orchestrator にログインし、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] に移動します。
  2. マルチキャスト設定を上書きする Edge の横にある [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge へのリンクをクリックして、[デバイス (Device)] タブに移動します。
  3. [マルチキャスト設定 (Multicast Settings)] 領域まで下にスクロールし、[Edge 固有設定の上書きを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにします。
  4. [マルチキャスト設定 (Multicast Settings)] ボタンが [オフ (Off)] の位置にある場合は、[オフ (Off)] ボタンをクリックしてマルチキャスト設定を [オン (On)] にし、必要な設定を構成します。詳細については、上記のマルチキャスト設定の表を参照してください。

マルチキャスト設定をインターフェイス レベルで構成するには、インターフェイス設定の構成を参照してください。

マルチキャスト情報を監視するには、以下を参照してください。