VMware Virtual Edge の展開の要件について説明します。

  • SD-WAN Edge は、遅延の影響を受けやすいアプリケーションです。遅延の影響を受けやすいアプリケーションとして仮想マシン (VM) を調整するには、VMware のドキュメントを参照してください。
  • 推奨されるホスト設定:
    • 最高のパフォーマンスを実現する BIOS 設定:
      • 2.0 GHz 以上の CPU
      • Intel の仮想化テクノロジー (Intel VT) を有効にする
      • ハイパースレッディングを無効にする
      • Virtual Edge は、準仮想化 vNIC VMXNET 3 およびパススルー vNIC SR-IOV をサポートしています。
        • VMXNET3 を使用している場合は、ホストの BIOS および ESXi で SR-IOV を無効にする
        • SR-IOV を使用している場合は、ホストの BIOS および ESXi で SR-IOV を有効にする
        • VMware および KVM で SR-IOV を有効にするには、次を参照してください。
      • パフォーマンスを最大化するために CPU BIOS の電力節約を無効にする
      • CPU ターボを有効にする
      • AES-NI、SSE3、SSE4、および RDTSC 命令セットを有効にする
      • ハイパーバイザーのワークロード用に 2 個のコアを予約することを推奨する

        たとえば、10 コアの CPU システムでは、1 つの 8 コア Virtual Edge または 2 つの 4 コア Virtual Edge を実行し、ハイパーバイザー プロセスに 2 コアを予約することを推奨します。

    • デュアル ソケット ホスト システムの場合、ハイパーバイザーが、割り当てられている vCPU と同じソケット (NUMA) 境界内にある、ネットワーク アダプタ、メモリ、および CPU リソースを割り当てていることを確認します。
  • 推奨される仮想マシン設定:
    • 2、4、または 8 CPU(専用)
    • 2 コアの仮想マシンでは 4 GB RAM、4 または 8 コアの仮想マシンでは 8 GB RAM
    • メモリは「100% 予約済み (100% reserved)」に設定する必要があります。
  • SD-WAN Edge の SSH コンソールのデフォルトのユーザー名は root です。