ループバック インターフェイスは、VMware SD-WAN Edge を識別するために使用される IP アドレスを割り当てるための論理インターフェイスです。

ループバック インターフェイスは、バージョン 4.3 以降で実行されている SD-WAN Edge に対してのみ構成できます。[ループバック インターフェイスの構成 (Configure Loopback Interfaces)] 領域は、バージョン 4.2 以前で実行されている SD-WAN Edge では使用できません。このような Edge の場合、管理 IP アドレスを構成する必要があります。詳細については、管理 IP アドレスの構成を参照してください。