このセクションでは VMware ユーザー ロールに応じた機能のアクセス権について説明します。

オペレータ レベルの SD-WAN Orchestrator 機能のユーザー ロール マトリックス

以下の表に、SD-WAN Orchestrator 機能に対するアクセス権を持つオペレータ レベルのユーザー ロールを示します。

  • R:読み取り
  • W:書き込み(変更/編集)
  • D:削除
  • NA:アクセス権なし
SD-WAN Orchestrator の機能 オペレータ:スーパー ユーザー オペレータ オペレータ:標準オペレータ パートナー:ビジネス スペシャリスト パートナー:カスタマー サポート オペレータ スーパー ユーザー 標準管理者 ビジネス スペシャリスト カスタマー サポート
カスタマーの監視 R R R R R R R R
カスタマーの管理 RWD RWD RWD R RWD RWD RWD R

パートナーの管理

RWD RWD RWD R NA NA NA NA
(Edge の管理)ソフトウェア イメージ RWD RWD R R *「注」を参照 *「注」を参照 *「注」を参照 *「注」を参照
システム プロパティ RWD R NA R NA NA NA NA

オペレータ イベント

R R NA R NA NA NA NA

オペレータ プロファイル

RWD RWD R R NA NA NA NA

オペレータ ユーザー

RWD R R R NA NA NA NA

Gateway プール

RWD RW R R RWD RWD NA R
ゲートウェイ RWD RWD R R RW RW NA R

Gateway 診断バンドル

RWD RWD R R NA NA NA NA

アプリケーション マップ

RWD RWD R R NA NA NA NA

CA サマリ

RW R R R NA NA NA NA
Orchestrator 認証 RWD R NA R NA NA NA NA
レプリケーション RW R NA R NA NA NA NA
注: オペレータ スーパー ユーザーは証明書関連の構成に対する「RWD」アクセス権を持ち、標準オペレータは証明書関連の構成に対する読み取り専用アクセス権を持ちます。これらのユーザーは、ナビゲーション パネルから [構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] に移動して、証明書関連の構成にアクセスできます。*
注: どのレベルのエンタープライズ ユーザーも、オペレータ レベルの機能にはアクセスできません。

パートナー レベルの SD-WAN Orchestrator 機能のユーザー ロール マトリックス

以下の表に、SD-WAN Orchestrator 機能に対するアクセス権を持つパートナー レベルのユーザー ロールを示します。

  • R:読み取り
  • W:書き込み(変更/編集)
  • D:削除
  • NA:アクセス権なし
SD-WAN Orchestrator の機能 パートナー:スーパー ユーザー

パートナー:標準管理者

ビジネス スペシャリスト カスタマー サポート
カスタマーの監視 R R R R
カスタマーの管理 RWD RWD RWD R
イベント R R NA R
管理 RWD R NA R
概要 R R R R
設定 RW R R R
Gateway プール RW RWD NA R
ゲートウェイ RW RW NA R

エンタープライズ レベルの SD-WAN Orchestrator 機能のユーザー ロール マトリックス

以下の表に、SD-WAN Orchestrator 機能に対するアクセス権を持つエンタープライズ レベルのユーザー ロールを示します。

  • R:読み取り
  • W:書き込み(変更/編集)
  • D:削除
  • NA:アクセス権なし
SD-WAN Orchestrator の機能 エンタープライズ:スーパー ユーザー エンタープライズ:標準管理者 カスタマー サポート 読み取り専用
[監視 (Monitor)] > [Edge (Edges)] R R R R
[監視 (Monitor)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] R R R R
[監視 (Monitor)] > [ルーティング (Routing)] R R R NA
[監視 (Monitor)] > [アラート (Alerts)] R R R NA
[監視 (Monitor)] > [イベント (Events)] R R R NA
[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] RWD RWD R NA
[構成 (Configure)] > [プロファイル (Profiles)] RWD RWD R NA
[構成 (Configure)] > [ネットワーク (Networks)] RWD RWD R NA
[構成 (Configure)] > [セグメント (Segments)] RWD RWD R NA

[構成 (Configure)] > [オーバーレイ

フロー制御 (Overlay Flow Control)]

RWD RWD R NA
[構成 (Configure)] > [ネットワーク サービス (Network Services)] RWD RWD R NA
[構成 (Configure)] > [アラートと通知 (Alerts & Notifications)] RW RW R NA
[テストとトラブルシューティング (Test & Troubleshoot)] > [リモート診断 (Remote Diagnostics)] RW RW RW NA
[テストとトラブルシューティング (Test & Troubleshoot)] > [リモート アクション (Remote Actions)] RW RW RW NA
[テストとトラブルシューティング (Test & Troubleshoot)] > [パケット キャプチャ (Packet Capture)] RW RW RW NA
[管理 (Administration)] > [システム設定 (System Settings)] RW RW RW NA
[管理 (Administration)] > [管理者 (Administrators)] RW R R NA
注: オペレータ ユーザーは SD-WAN Orchestrator の機能に完全にアクセスできます。