Edge のループバック インターフェイスを構成する前に、次の制限事項を確認してください。
  • ループバック インターフェイスに割り当てることができるのは IPv4 アドレスのみです。
  • ループバック インターフェイスは、Edge に対してのみ構成できます。プロファイルに対して構成することはできません。
  • ループバック インターフェイスは、Edge のアクティベーションが成功してから構成しなければなりません。
  • アクティベーションされていない Edge の場合、カスタマーのオペレータ プロファイルのバージョンが検証され、それに基づいて [管理 IP アドレス (Management IP Address)] セクションまたは [ループバック インターフェイス (Loopback Interfaces)] セクションが表示されます。たとえば、カスタマーのオペレータ プロファイルのバージョンが 4.3 以降の場合、[ループバック インターフェイス (Loopback Interfaces)] セクションは Edge レベルで表示されます。一方、カスタマーのオペレータ プロファイルのバージョンが 4.2 以前で、Edge がアクティベーションされていない場合、[管理 IP アドレス (Management IP Address)] セクションは Edge レベルとプロファイル レベルで表示されます。
  • ループバック インターフェイス ID は、Edge 内のすべてのセグメントで一意である必要があります。ゼロ (0) はサポートされないので、1 から開始する必要があります。
  • API を介してループバック インターフェイスと Orchestrator 管理トラフィックを構成することを選択した場合、これら 2 つのプロパティのデフォルトの構成キーは使用できません。updateConfigurationModule API を変更して、ループバック インターフェイスと管理トラフィックの送信元インターフェイスの選択を構成する必要があります。
  • Edge をアップグレードまたはダウングレードするときは、次の点を考慮してください。
    • プロファイル レベルまたは Edge レベルのいずれかで構成された管理 IP アドレスがデフォルトの IP アドレス (192.168.1.1) でない場合、Edge がバージョン 4.3 以降にアップグレードされると、ループバック インターフェイスは、構成された管理 IP アドレスをループバック インターフェイスの IP アドレスとして使用して、Edge レベルで自動的に作成されます。
    • SD-WAN Orchestrator をバージョン 4.3 以降にアップグレードした後も、Edge はバージョン 4.2 以下で実行されていることを考慮してください。プロファイル レベルまたは Edge レベルのいずれかで管理 IP アドレス構成を更新してから、Edge をバージョン 4.3 以降にアップグレードすると、管理 IP アドレス構成に加えたすべての変更は失われます。
    • Edge が 4.3 より前のバージョンにダウングレードされると、アップグレード前に構成された管理 IP アドレスはプロファイル レベルと Edge レベルで保持されます。
    • ループバック インターフェイス構成に加えられた変更は、Edge のダウングレード後に失われます。
    • たとえば、管理 IP アドレスが 1.1.1.1 であるとします。Edge をバージョン 4.3 以降にアップグレードすると、同じ IP アドレス 1.1.1.1 が Edge レベルでのループバック インターフェイスの IP アドレスになります。次に、ループバック インターフェイスの IP アドレスを 2.2.2.2 に変更します。Edge を 4.3 より前のバージョンにダウングレードすると、Edge レベルの管理 IP アドレスは 1.1.1.1 のままで、プロファイル レベルの管理 IP アドレスは空になります。