SD-WAN Edge が正常にアクティベーションされ、ネットワーク トラフィックをルーティングする準備ができたら、アクティベーションされた Edge を安全なチャンネルを介して Bastion Orchestrator から本番環境の Orchestrator に昇格させることができます。

アクティベーションされた SD-WAN Edge を Bastion Orchestrator から本番環境の Orchestrator に昇格させるには、次の手順を実行します。

手順

  1. 本番環境の Orchestrator のエンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動します。
  2. 昇格させる SD-WAN Edge を選択し、[アクション (Actions)] > [本番環境への昇格 (Promote to Production)] をクリックします。
    選択した Edge が本番環境の Orchestrator に昇格され、Edge のプロビジョニング中に使用される本番環境プロファイルが割り当てられます。Bastion の状態および Edge の状態は、 [監視 (Monitor)] > [ネットワークの概要 (Network Overview)] ページで確認できます。詳細については、 Bastion Orchestrator の構成とイベントの監視を参照してください。

結果

SD-WAN Edge が本番環境の Orchestrator に昇格されると、エンタープライズ カスタマーの詳細、Edge の詳細、Bastion プロファイル、オペレータ ユーザー([プライベート構成 (Private configuration)] ページに示されている単一のスーパー ユーザーを除く)などのすべての情報が Bastion Orchestrator から削除されます。

本番環境の Orchestrator の新しい Angular UI では、 [Bastion Orchestrator 構成 (Bastion Orchestrator Configuration)] ページの [アクティビティ監視 (Activity Monitor)] 領域には、次の詳細が表示されます。
  • エンタープライズ用に構成されている Edge の合計数のうち、ステージングされている Edge の数。
  • エンタープライズ用に構成されている Edge の合計数のうち、昇格されている Edge の数。
  • エンタープライズ用に構成されている Gateway の合計数のうち、ステージングされている Gateway の数。