VMware には、Orchestrator ポータルで使用できるさまざまな機能やオプションを構成するためのシステム プロパティが用意されています。

オペレータ ポータルで、[システム プロパティ (System Properties)] ページに移動します。このページには、使用可能な事前定義済みのシステム プロパティが一覧表示されます。オペレータとして変更できるシステム プロパティについては、その一部が記載されている「システム プロパティのリスト」を参照してください。

システム プロパティを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [新規システム プロパティ (New System Property)] をクリックして、新しいプロパティを追加します。
  2. [新規システム プロパティ (New System Property)] 画面で、新しいプロパティの名前を入力し、ドロップダウン リストから [データ タイプ (Data Type)] を選択します。
  3. データ タイプに応じてプロパティの [値 (Value)] を入力します。
  4. プロパティの説明を入力します。
  5. [保存 (Save)] をクリックします。
  6. プロパティの値を変更するには、プロパティへのリンクをクリックするか、プロパティを選択して [アクション (Actions)] > [システム プロパティの変更 (Modify System Property)] をクリックします。
  7. プロパティを削除するには、プロパティを選択して [アクション (Actions)] > [システム プロパティの削除 (Delete System Property)] をクリックします。

[検索 (Search)] フィールドを使用して、特定のシステム プロパティを検索できます。『VMware SD-WAN Orchestrator の展開と監視ガイド』の「システム プロパティのリスト」というセクションを参照してください。ここには、オペレータとして変更できるシステム プロパティの一部が記載されています。

注: システム プロパティを変更する前に VMware のサポートに問い合わせることをお勧めします。