すべてのストレージ ボリュームは、LVM デバイスとして構成されます。基盤となる仮想化テクノロジーを提供してオンライン ディスク拡張をサポートすることにより、オンラインでサイズを変更できます。ディスクは、仮想マシンの起動時に、cloud-init によって自動的に拡張されます。

起動後にディスクを拡張するには:

  1. SD-WAN Orchestrator システム コンソールにログインします。
  2. データベース ボリュームをサポートする物理ディスクを特定します。
    vgs -o +devices store

    例:

    root@vco:~# vgs -o +devices db_data
       \  VG      #PV #LV #SN Attr   VSize   VFree   Devices
         store   1   1   0 wz--n- 500.00g 125.00g /dev/sdb(0)
  3. 物理ディスクの接続を特定します。
    lshw -class volume
    例:
    /dev/sdb is attached to scsi@2:0.1.0 (Host: scsi2 Channel: 00 Id: 01 Lun: 00)
    root@vco:~# lshw -class volume
      *-volume
           description: EXT4 volume
           vendor: Linux
           physical id: 1
           bus info: scsi@2:0.0.0,1
           logical name: /dev/sda1
           logical name: /
           version: 1.0
           serial: 9d212247-77c4-4f98-a5c2-7f8470fa2da8
           size: 10239MiB
           capacity: 10239MiB
           capabilities: primary bootable journaled extended_attributes large_files huge_files dir_nlink recover extents ext4 ext2 initialized 
           configuration: created=2016-02-22 20:49:38 filesystem=ext4 label=cloudimg-rootfs lastmountpoint=/ modified=2016-02-22 21:18:58 mount.fstype=ext4 mount.options=rw,relatime,data=ordered mounted=2016-10-06 23:22:04 state=mounted 
      *-disk:1
           description: SCSI Disk
           physical id: 0.1.0
           bus info: scsi@2:0.1.0
           logical name: /dev/sdb
           serial: v5V2zm-Lvbh-Mfx3-W8ki-COI9-DAtP-RXndhu
           size: 500GiB
           capacity: 500GiB
           capabilities: lvm2
           configuration: sectorsize=512
      *-disk:2
           description: SCSI Disk
           physical id: 0.2.0
           bus info: scsi@2:0.2.0
           logical name: /dev/sdc
           serial: fTQFJ2-giAV-WsXL-1Wha-V305-oQkV-qqS3SA
           size: 100GiB
           capacity: 100GiB
           capabilities: lvm2
           configuration: sectorsize=512
  4. ハイパーバイザー ホストで、バス情報を使用して仮想マシンに接続されているディスクを特定します。例:SCSI(0:1)
  5. 仮想ディスクを拡張します。手順については、VMware ナレッジベースの記事 KB1004047 (http://kb.vmware.com/kb/1004047) を参照してください。
  6. SD-WAN Orchestrator システム コンソールに再ログインします。
  7. サイズを変更した物理ボリュームのブロック デバイスを再スキャンします。例:
    echo 1 > /sys/block/$DEVICE/device/rescan

    例:

    echo 1 > /sys/block/sdb/device/rescan
  8. LVM 物理ディスクのサイズを変更します。
    pvresize /dev/sdb
  9. データベース ボリューム グループ内の空き容量を判断します。
    vgdisplay store |grep Free

    例:

    root@vco:~# vgdisplay store |grep Free
    Free  PE / Size       34560 / 135.00 GiB
  10. データベースの論理ボリュームを拡張します。
    lvextend -r -L+#G /dev/store/data

    例:

    root@vco1:~# lvextend -r -L+1G /dev/store/data
      Size of logical volume store/data changed from 400.00 GiB (102400 extents) to 401.00 GiB (102656 extents).
      Logical volume store/data successfully resized.
    resize2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
    Filesystem at /dev/mapper/store-data is mounted on /store; on-line resizing required
    old_desc_blocks = 50, new_desc_blocks = 51
    The filesystem on /dev/mapper/store-data is now 105119744 (4k) blocks long.
  11. ボリュームの新しいサイズを表示します。
    df -h /dev/store/data

    例:

    root@vco:~# df -h /dev/store/data
    Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/store-data  379G  1.2G  359G   1% /store